2009 WSOP, $10,000 NLHE メインイベント: Affleck, Lacay が早い展開のデイ 4でリード

2009 WSOP, $10,000 NLHE メインイベント: Affleck, Lacay が早い展開のデイ... 0001

Kia Hamadani 2009 World Series of Pokerメインイベントのバブルボーイになった後, アマゾンルームにはオールインとコールの声が頻繁にこだました。興奮したプレーヤーらがWSOPメインイベントデイ4ではめずらしく、早い段階でアクションを起こし、407人がデイ5へとこまを進めた。賞金をもらい帰路についたプレーヤーの中にはKristy Gazes, Mark Gregorich, Alexander Kostritsyn, Surinder Sunar, Patrick Bruelらがいる。終了の合図が出たとき, Matt AffleckはLudovic Lacay(写真)に僅差で負われながらもリーダーボードの頂点にいた。

Chris "Jesus" Fergusonはデイ4で犠牲者となったうちのひとりだ。前回のワールドチャンピオンは休憩時にはすでにチップが残り4,000にまでなっていた。Fergusonは休憩の後すぐに{9-Diamonds}{2-Hearts}でオールインすると、Sander Lylloff は{a-Clubs}{6-Hearts}でプリフロップにリレイズ。ボードは{k-Clubs}{6-Diamonds}{6-Clubs}で、ターンに{8-Diamonds}が出るとFergusonの敗退が決まった。

もう一人WSOPのブレースレットを複数コア獲得しているプレーヤーがデイ4で家路についた。Jesper Hougaardだ。2008年、 Hougaard はWSOPとWSOP Europeの両方で同年にブレースレットを獲得した始めてのプレーヤーとなったが、フロップ{a-Spades}{7-Hearts}{5-Diamonds}{a-Hearts}{k-Hearts}を持つプレーヤーに{a-Diamonds}{8-Diamonds}で挑んだとき、彼にとってのメインイベントは終わった。ターンとリバーはそれぞれ{10-Clubs}{q-Diamonds}で、Hougaardの脱落が決まった。そのほかデイ4で敗れたプレーヤーにはPaul Wasicka, Justin Bonomo, Carter King, Mike Sexton, David Williamsなどがいる。

突起すべき敗退者には元世界チャンピオンで11回のブレースレット獲得を誇るPhil Hellmuthがいる。 Hellmuthはジャックのトリプルを持ったEbrahim Mourshakiにチップの大半を奪われてしまった。残りのチップはHellmuthと他3人のプレーヤーを残したハンドに費やされた。皆Mourshakiのレイズをコールしてフロップは{j-Clubs}{10-Diamonds}{5-Clubs} 。Kevin Jenkins がビッグブラインドから動いた。Mourshakiが抜けてHellmuth はオールイン。Jose Manuel Gomez Rebenaqueはフォールド、Kenny Hsiungがコールした。 Jenkins は{9-Hearts}{8-Hearts}のストレートドローで、Hsiungは{j-Hearts}{10-Clubs}のトップツーペア、Hellmuthは{a-Clubs}{a-Spades}でポケットエース。ターンの{7-Diamonds}でストレートを完成させた Jenkinsがメインのポットを獲得し、Hsiungがサイドポット、Hellmuthは早くも敗退となった。

オンラインでクオリファイされたMatt Affleck が1,819,000で一日が終わりに近づくにつれて順位を上げてきた。 2番目に多くのチップを持ってデイ4のスタートを切ったLudovic Lacayは1,608,000で順位は変わらず。その他大きなスタックを持って一日を終えたのはJames Akenhead, Jordan Morgan, Tom Lutzらである。 Phil Ivey とBertrand "ElkY" Grospellier も大きなスタックのまま終了し、デイ5に進んだ。その他特記すべき生存者にはTom Schneider, Lou Diamond Phillips, Joe Hachem, Joe Sebokなどがいる。

More Stories

どう思われますか?