PokerNews トップ 10: スカンジナビアからのプレーヤーたち

PokerNews トップ 10: スカンジナビアからのプレーヤーたち 0001

Rio All-Suite Hotel and Casinoをこの夏訪れた時、プレーヤーから皮肉を込めた褒め言葉をよく聞いた。それは格別にアグレッシブなプレーをみせるスカンジナビア地域からのプレーヤーに向けられたものだった。その中でも代表的なのがDenmark's Gus Hansenである。2008年、Dane Peter Eastgateの WSOP メインイベントでの勝利をを筆頭に、今年はスカンジナビアからのプレーヤーがRioで成功をおさめている。

次のリストはトーナメントでの獲得賞金、優勝回数、そしてそのプレーヤーの影響力などの基準で選ばれたトップ10プレーヤーだ。中にはフィンランドやアイスランドからのプレーヤーも含まれている。このリストには惜しくも入らなかったプレーヤーにはLars Bonding (デンマーク), Erik Friberg (スウェーデン), Jesper Hougaard (デンマーク), Dag Mikkelsen (ノルウェイ), Rene Mouritsen (デンマーク), William Thorson (スウェーデン), and Thomas Wahlroos (フィンランド)らがいる。

10. Ville Wahlbeck (フィンランド)

今年のWSOPで6つのイベントに参加し、ファイナルテーブル進出4回、最低順位13位という成績をおさめるだけでなく、うち5つのイベントは$10,000バイインかそれ以上だったーつまり、ワールドチャンピオンシップと分類されるたぐいのイベントだったということだ。 Wahlbeckが$10K ミックスイベントに勝った時、シリーズはまた始まって2週間で, さらには $10K 2-7 ローボールで2位,、$10K セブンカードスタッドでは3位に入った。最新の成績は$50,000 H.O.R.S.E. イベントでの6位入賞で、こらまでの彼の獲得賞金は$120万を超える。

9. Juha Helppi (フィンランド)

Helppiの最も大きな獲得賞金は2005 WPT Grand Prix de Paris メインイベントであるRoland de Wolfeでの成功と$1,000 ノーリミットホールデム(リバイ可)イベントの2006年Phil Hellmuth, Jrだろう。両イベントで $300,000以上を獲得し、これまでの獲得賞金は$240万以上。

8. Martin De Knijff (スウェーデン)

De Knijffは2004年 World Poker Tour チャンピオンシップ, the Five Star World Poker Classic at the Bellagio, で勝利し獲得賞金は$270万を超えた。これによって彼は注目されるプレーヤーとなった。

7. Johan Storakers (スウェーデン)

Storakersの獲得賞金は$280万以上で、ここ10年ほどは特にヨーロッパとアメリカで継続的に活躍している。ライブイベントでの最も大きな功績は、UltimateBet Aruba Poker Classicで2位につけ$50万獲得したことである。

6. Patrik Antonius (フィンランド)

元モデルのAntonius そのすばらしい容姿とプレーで一躍有名になり成功をおさめた。 "Poker After Dark" や "High Stakes Poker"ではすでに馴染みの顔となっており、Antonius は$280万以上の賞金をこれまで獲得している。

5. Annette Obrestad (ノルウェイ)

スカンジナビアから来た最も有名な女性プレーヤーといえばObrestadだろう。彼女はアメリカでのトーナメントに参加することなく$207万をライブトーナメントで獲得したが、21歳になる9月からはまた新たなチャレンジが待っているだろう。2007年WSOPEメインイベントでの優勝により、彼女は自身の最高額賞金となる£1,000,000 を獲得した。

4. Thor Hansen (ノルウェイ)

Hansenはこの夏ESOPで5回も賞金を手に入れ、急速にそのキャリアを延ばしてきた。Hansenは2つのWSOPブレースレットを獲得しており、2005年のNorwegian Poker Player of the Year にも選ばれている。20年以上にもおよぶキャリアで獲得した賞金は$206万以上。

3. Chris Björin (スウェーデン)

Björinのキャリアもまた20年以上に渡っており、2つのWSOPブレースレット、47回のWSOPでの賞金獲得などの成績がある。Björinはこの夏メインイベントでの156位など、キャッシュを3回獲得した。これまでの獲得賞金は$400万以上だ。

2. Peter Eastgate (デンマーク)

Eastgateは去年のWSOPメインイベントで優勝し、その名声を確実なものにした。今年のメインイベントでは78位で$68,789 だったが、去年は優勝賞金$901万超を獲得している。順位こそいまいちだったものの、23歳の彼はそのスキルでさらに他のプレーヤーから尊敬をあつめた。

1. Gus Hansen (デンマーク)

Gus Hansenは初めてのWorld Poker Tour イベント, the 2002 Five Diamond Classic,で勝利し、さらに2003年 L.A. Poker Classicでは2回目の優勝をおさめた。彼の果敢なプレーはポーカーブームが広がる今注目を集めている。まだWSOPでの優勝はないものの、Hansen はこれまで賞金$740万以上を獲得している。 そこには2004年 (150位), 2007 (61位), 2008 (160位) となったWSOP メインイベントでのキャッシュも含まれる。

More Stories

どう思われますか?