"durrrr" チャレンジ: Antonius $415,000 勝ち取り再びリードに出る

"durrrr" チャレンジ: Antonius $415,000 勝ち取り再びリードに出る 0001

Patrik Antonius と Tom "durrrr" Dwan は昨夜再びオンラインポーカーセッションを行った。そして、前回と変わらずAntoniusがテーブルを支配し、彼は1,241ハンドで$415,311勝ち取ったのだ。数日前までDwanには$700,000以上のリードがあったが、とうとうAntoniusが22,683ハンド終了した時点で$76,104リードすることとなった。

2人とプレーヤーは4:10 p.m.(PST)にセッションを開始し、約4時間プレーした。最初の30分でAntoniusは既にDwanから$115,000勝ち取り、昨日の勝ち分に加えて少しずつ負けを返していった。Dwanはタイトにプレーし、一度はBBの75倍までになったこともあったが、逆にAntoniusは5回の$150,000のビックポットのうち4回勝利して、とうとうDwanを追い抜くことができたのだ。

まず初めのビッグポットでは、Dwanが7s-5d-3cのフロップでセットをキャッチし、Antoniusが7ハイストレートを完成させていた。フロップでベッティングが行われ、結局Dwanの$75,000スタックは全てポットに入れられた。Antoniusはコールし、ターンとリバーのTd-QsでフルハウスをキャッチできなかったDwanは$150,156のポットを失った。数分後、再び大きなポットがあった。Dwanが$1,200ボタンからレイズし、Antoniusがコール。フロップのKc-9s-3dでAntoniusはDwanの$2,000ベットを$8,400にチェックレイズ。Dwanはコールし、ターンには8sが落ちた。Antoniusは$17,200ベットするが、Dwanが$70,800のポットベットを返す。するとAntoniusは合計$124,400のオールインをしDwanは残りの$16,000チップを入れてコールした。Dwanは7c-4h-3c-3sでボトムセットをヒットしていたが、AntoniusはKs-Kh-Q-h-4cでトップセットを持っていた。リバーには関係ないカードが落ちて、Antoniusは$193,460のビッグポットを再び手にした。

この時点でAntoniusは全てのテーブルで約$200,000以上勝っていた。Dwanはそれに対抗し、今回のセッションで最も大きいポット($229,000)を獲得するのに成功した。彼はボタンから$1,200にレイズし、Antoniusが$3,600にスリーベット。するとDwanは$10,800にリレイズし、Antoniusが再び$25,200にリレイズ。DwanはようやくコールしてQc-9h-2cのフロップを見た。フロップでAntoniusはDwanのオールインに対しAh-Ac-Kh-2dでコール。Dwanは9s-7s-5s-3hでミドルペアのみだった。しかし、彼はターンで奇跡の3をキャッチして、Antoniusのペアエースに勝利した。

数分後Antoniusは、ヨーロッパでは午前6時でひどく疲れているのでセッションを終わろうと言った。彼らは今日中にもう一度セッションをするという約束をして、今回のセッションを終えた。

More Stories

どう思われますか?