ノーベンバーナインの現象

ノーベンバーナインの現象 0001

ポーカー界では様々な現象がみられるが、その中でも最も興味深い現象の1つがノーベンバーナイン のプレーヤーが残す成績だ。2008年にノーベンバーナインのという新しい企画ができて以来、World Series of Poker メインイベントに進出したプレーヤーは、他のトーナメントでも良い成績を残す傾向がある。

In 2008年のノーベンバーナインである Peter Eastgate, Ivan Demidov, Dennis Phillips と Ylon Schwartz は様々なトーナメントで素晴らしい結果を残している。そして、今年のノーベンバーナインに残った Kevin Schaffel はWorld Poker Tour Legends of Poker のイベントで2位になったのだ。また Steven Begleiter も同じイベントで9位で終了し、彼らは素晴らしいプレーを見せた。

ノーベンバーナインのプレーヤーらはWSOPメインイベントでファイナルテーブルに進出しているわけだが、彼らはどうして他のトーナメントでも良い結果を残せるのだろうか。その理由をいくつか考えてみた。まず最初の理由は、彼らのポーかーに対する自信である。何千人という参加者のいるトーナメントでファイナルテーブルに進出した彼らは、ポーカーで良い成績を残すのにかかせないポジティブかつ積極的な思考を持っているのだろう。

2つ目の理由は、ノーベンバーナインのプレーヤーはお金のプレッシャーが無いということだ。彼らはすでに100万ドル以上の賞金が保証されているので、プレッシャーを感じずにアグレッシブにリスクを取れるのだろう。これは Phil Ivey のプレーと同じことである。彼はバイイン額を気にしているタイトプレーヤーを狙ってチップを集めることができる。このように、ノーベンバーナインも Phil Ivey と同じようなお金の価値観を持っているのかもしれない。

3つ目の理由は、ノーベンバーナインに進出したことでリラックスしているということだ。先ほども言ったが、トーナメントで勝つには、ポジティブかつ積極的な思考が必要である。ノーベンバーナインのプレーヤーらは日常の問題を忘れて、トーナメントに100%集中できるのではないだろうか。大学費や家のローンのお金も気にすることはなく、家族を養える十分な資産を持っているということは、多くの人にとって安心に繋がる。何も悩み事がなければ、プレーヤーはポーかーだけに集中することができるのだ。

最後の理由としてあげられるのは、単純にノーベンバーナインのプレーヤーに運がついているということだ。トーナメントで良い結果を残す為には運が必要となる。トーナメントの勝敗を決めるような大きなポットを50%の確率で勝たなければならないこともあり、このような勝負は勝ったり負けたりする。しかし、ある理由でノーベンバーナインのメンバーはそれらの勝負に勝ち続けているのだ。もちろん、長い目でみればポーカースキルが成績に繁栄してくるのだが、カードが自分の思うように来ればスキルも必要なくなる。

ノーベンバーナインのメンバーが良い成績を残し続ける現象を説明するのは難しいかもしれない。しかし、彼らにはスキルがあることは間違いないだろう。翌年も、同じノーベンバーナイン現象が起こるのか興味深い。

More Stories

どう思われますか?