ESPNのWSOP: Iveyがリード

ESPNのWSOP: Iveyがリード 0001

過去のWSOPメインイベントでは、ESPNは12時間ほどの放送中バブルボーイに関して流したのは約十分ほどだった。しかし、今回は放送時間が26時間になりバブルボーイは自身のエピソードも持つことができた。

このシリーズ中Amazon Roomではプレーヤーが激しくぶつかり合い、なんとか賞金をもらえる順位まで居座ってやろうとするプレーヤーもいたり、本当に輝きを放つプレーヤーはブラインドを次々に取っていった。カメラはPhil Ivey に集中しており、他のポーカースターBertrand "ElkY" Grospellier, Joe Hachem, Phil Hellmuth, らと残りの789人のプレーヤーは最初の一時間なんとか報酬のもらえる648位以内に入ろうとしていた。2時間が経過すると、ファイナルテーブルをかけた真剣勝負となり、ノーベンバーナインも登場した。

Cast of Characters: Phil Iveyはデイ4からテレビ放送されるテーブルにつき、Peter Eastgate, Joe Hachem, Burt Boutin, Bob Feduniak らも2番目にフィーチャーされた。会場にはチップリーダーのBertrand "ElkY" Grospellier, Phil Hellmuth, Adam & Dan Bilzerian兄弟, Kara Scott, Surinder Sunar, アカデミー賞にノミネートされた俳優Justin Henry, Amazing Race出演のLake Garnerらがおり、俳優Lou Diamond Phillipsはブレースレット獲得経験2回のJ.C. Tranと隣の席だった。

"The Nuts": "Miami" John Cernuto, Erick Lindgren, Rafe Furst, Joe Sebok、Daniel Negreanuらはバブルボーイについて明確なアイデアを持っていた。Negreanuに至っては実際にバブルボーイを祝う理想的な計画まで持っていた。

「栄光をあと一歩のところで逃したプレーヤーは、称賛に値する。バブルボーイこそが、いつの日か頂点に上り詰めるプレーヤーなんだ。」とNegreanuは語った。

今年はKia Hamadani がバブルボーイとしての名誉を手にした。

ハンドオブザウィーク:

Nick Brancatoが で18,000レイズした後で、 Joe Hachemは でビッグブラインドを守ろうとした。フロップは  で、Brancatoがストレートドローでベット、Hachemじゃボトムペアで彼を見上げる形となった。ターンは でBrancatoがまた吠え、今度は30,000にするが、Hachemはひるまずコールした。リバーのでBrancatoは 60,000ベットした。 気合いを見せるHachemはコールするが、これが最高のコールとなった。

最悪のビート: Denise Molloy がポケット10でコールすると、ポケットエースのJohn Monnette がコールし、フロップは 。 Molloy はリバーで最後の10をとらえダブルアップした。

注目の敗退者: Greg "FBT" Mueller, Maria "Maridu" Mayrinck, Bob Feduniak とデイ1のチップリーダー Troy Weber らが賞金外におわり、Chris Ferguson (561位)とPhil Hellmuth (436位) はいくらかキャッシュを手にした。

MVP — またしてもPhil Ivey : Phil Iveyは2週連続でMVPの座を獲得した。今週Iveyはすばらしいベットの技術を見せ、最大のチップをBernhard Perner から引き出した。Iveyは7-8をフォーカードにしてポケット2を破った。Ben Wu がK-Qをフロップでトップペアにしたときは、ポケットエースだったIveyはまるで相手のハンドの強さを見抜いているかのようにすべてのストリートでベットした。Wuは結局ストックのすべてを使ってコールした。バブル近くで敗退したAndy Bellin に至っては、「大学院を退学しちゃいけなかった」と漏らすほどだった。この様な多彩なハンドを一人のプレーヤーから見せられるのは素晴らしいことで、Phil Iveyは少しも我々を失望させることはない。

More Stories

どう思われますか?