UltimateBet.com Aruba Poker Classic: Brandon Hallが優勝!

UltimateBet.com Aruba Poker Classic: Brandon Hallが優勝! 0001

2009年 UltimateBet Aruba Poker Classicのファイナルテーブルは現地時間正午から行われる予定だったのだが、台風の通過が問題となった。トーナメントディレクターMatt Savageと会社は少しくらいの雨では予定を狂わせる気はなく、海を望むレストランのテントを持ち出して雨を防ぎ、プレーが開始された。すべてのハンドが終了すると、Brandon Hall が勝者となった。

シートとチップは次のようだった:

シート 1: Chase Steely - 1,293,000

シート 2: Jose Roberto Santos - 211,000

シート 3: Brandon Hall - 442,000

シート 4: Brock Parker - 1,241,000

シート 5: Eric "basebaldy" Baldwin - 1,573,000

シート 6: Robert Mizrachi - 1,977,000

シート 7: Matt Ross - 301,000

Matt Rossが最初に脱落し、2回のWSOPブレースレット獲得経験のあるBrock Parkerは6位で$66,810となった。 Parkerの はEric Baldwinの に負けてしまった。Baldwinはアンダーザガンから40,000にした。Parkerはリレイズして125,000となった。Baldwinはさらにそれを302,000にし、Parker はとうとう1,103,000でオールインした。Baldwinはチップがいくらあるか数えてもらい、どうするか考えた。

スタックが計算されると、Baldwinはコールした。Parkerの にはボード は影響せず、脱落が決まった。

Jose Santosは5位で$92,150を持ち帰った。Chase Steelyがセブンハイの ストレートを完成させたときのことだった。Steelyが200万を超えるチップを持ち、チップリーダーとなったときのことだった。

休憩時間になるとプレーヤーらはお互いに賞金を山分けする相談をしていた。プレーヤーは$100,000を除いた賞金総額$1,513,580から同じだけの額をもらうということになっていた。

しかも Baldwinはいいディールにするためにより多く出し合うようにいった。Mizrachi と Brandon Hallは$5,500 をそれぞれ寄付した。5分か10分相談が続いたあと、BaldwinはMatt Savageを呼んで「よし、やろう。」といった。

「どうした?このディールが気に入らないのか?」Steelyは尋ねた。

Baldwinの返事はシンプルだった。「私は人生で一度もそういう取引をしたことはない」、と。

不幸にもBaldwinが次の脱落者だった。 でMizrachiの にフロップ で負けてしまったのだ。ターンもリバーもいまいちで、Baldwinは4位で$126,710を持ち帰った。Steelyは Mizachiの手で3位になり、$218,860を手にした。

のこるMizrachi と Hallは残るレベルを飛ばして40,000/80,000のアン手10,000でプレーを始めた。彼らは賞金を分け合うことを約束し、2位の賞金は$414,680となった。その後彼らはそれぞれ$30,000を優勝賞金に加えた。

14分後、20歳のHallが勝っていた。レイズされたポットでHallはMizrachフロップ の後でコールした。Mizrachiは225,000 ベットし、Hallもそれをレイズし725,000に。Mizrachiはすばやくオールインして、Hallはコール。

Hall:

Mizrachi:

4枚目は でHallがトップペアとなる。リバー は両者に影響を与えず、Brandon Hallが2009年 UltimateBet.net Aruba Poker Classic チャンピオンとなった。

More Stories

どう思われますか?