World Poker Tour Marrakech: アフリカの大会に400人以上参加

World Poker Tour Marrakech: アフリカの大会に400人以上参加 0001

World Poker Tour と ChiliPoker は協同してアフリカでメジャートーナメントを開催することに成功した。3日間にかけて行われる WPT Marrakech メインイベントのデイ1にはなんと416人のプレーヤーが参加したのだ。今日ブラインドレベル10までが終了し、デイ2に進出するプレーヤーは151人まで減った。

Moroccoに駆けつけたプレーヤーの出身国は30ヶ国にも及んだ。Ludovic Lacay, Bertrand "ElkY" Grospellier, Arnaud Mattern, Bruno Fitoussi, Fabrice Soulier, Antony Lellouche, Antoine Saout などのフランス出身プレーヤーや、Huck Seed, Antonio Esfandiari, Tony G, Annette Obrestad, Liz Lieu, Scott Montgomery などの有名プレーヤーも参加した。また水曜日に行われたハイローラーイベントで1位と4位を獲得している Ross と Barny Boatman の兄弟も今大会に参加した。

レベル2に大きなアクションを目撃した。スペード2枚を含むキングハイのフロップでElkyがベットし、Perraultが3倍レイズ。Elkyともう一人の参加していたプレーヤーはコール。ターンはダイヤの5が落ち、Perraultが5,000ベットし、両プレーヤーともコール。リバーは最も奇麗なカードとして知られるAsが落ちた。ElkY はフラッシュ、そして Perrault はキングのセットでオールインするが、なんと3人目のプレーヤーがハイヤーフラッシュでポットの全てを獲得することとなった。Elky と Perrault は早くも脱落となってしまったのだ。

Obrestad も同じく序盤からチップを減らしていった。彼女は一時 4,000チップまで下がるが、一度ダブルアップするといつものプレーを取り戻し、デイ1の終わりまでに 46,500 まで増やすことに成功した。

Ludovic Lacay も Obrestad の様にデイ1の終盤でビッグスタックを獲得した。Lacayがポケットクイーンでベットし、Stephane BazinがQ-9でコール。すると全てのチップは 8-5-7 のフロップで全てポットに入った。Bazinはストレートをキャッチできず Lacayは88,000のビッグズタックとなりリーダーボードを昇っていった。

また、Scott Montgomery, Yury Kerzhapkin, Tristan Clemençon, Tony G などのプレーヤーも十分なスタックを持ってデイ1を無事終えることとなった。気になるデイ1のチップリーダーはフランス出身の Guillaume de la Gorce (157,900) だ。

More Stories

どう思われますか?