ゲームの裏側: 元NFLプロ逮捕、保護区域から離れたカジノ

ゲームの裏側: 元NFLプロ逮捕、保護区域から離れたカジノ 0001

ポーカーがすべてのPokerNewsではこのゲーム産業の裏側で何が起こっているかを見逃してしまうことも珍しくはない。ゲームやカジノに関心のある人は私たちの調査結果を存分に楽しめるだろう。

ラスベガスのカジノは金さえあればそれが誰であっても気にしない

ラスベガスジャーナルによると、元Green Bay PackerのRoss Verba がラスベガスのPalms Casinoで$26,000 を支払えなくなり、サンクスギビングの週末をフェニックスの刑務所で過ごしたらしい。

ジャーナルによると、この元NFLプロプレーヤーじゃ2008年1月に払えるあてのない3枚のチェックを作成し、これを受け取っていたPalmsは、Verbaがこれの支払いに応じる気がないことを知って法的な手段をとることにしたのだ。

Packers, Cleveland Browns, 最近ではDetroit Lionsなどでかつて活躍した彼はネバダ州に行った。州の弁護士はVerbaを取り戻すために誰かを派遣するようだ。

これはVerbaにとって初めてのギャンブル負債ではない。彼は2007年1月にウィスコンシンで$50,000をWynn Las Vegas markersに払うことを怠ったために訴えられたが、これは彼が借金を返済したことで取り下げられた。

なぜ彼がギャンブル負債を返さないままで大丈夫だと思い込んだのかわからない。確かなのは、ベガスのカジノはそれを見逃す気はないということだ。その人物がセレブだろうと、カジノは法的手段に訴える。カジノで不正を図ったなら、法が必ず追いかけてくるし、カジノ側がたいてい勝つのだ。

インディアンカジノが拡大、彼らのマニフェスト・デステニーが進行中

インディアン(ネイティブ・アメリカン)の部族のいくつかは部族の保護区域から離れたところにカジノを建設する計画を立てており、これが法的な問題となるのではないかという疑いが持ち上がっている。

Associated Pressの報道によると、10を超える部族がすでにカジノを建設・運営しており、うち6つは部族の保護区域 から100マイルも離れたところにある。

ブッシュ政権は保護区域のみでカジノは許されていると定めたが、オバマ政権下でこの法が無効になる兆しが見え、部族たちはさらなる発展に向けて土地を買う方向に動いている。

こうしたインディアンカジノの拡大の一例にサンフランシスコのGuidiville族がある。この部族は政府の援助が得られれば1,000部屋を有するホテル、ショップ、公園、部族の居住区域を建設するよていだ。この部族によると彼らの先祖がその土地にかつて住んでおり、カジノの建設も正当なものであるという。

伝統として、インディアンカジノは人口密集地対からかなり離れたところに作られていたが、より多くの人工を持つ地域への拡大が認められればこれは変わるかもしれない。この新たな拡大は部族流のマニフェスト・デステニーなのだろうか。これによって経済的にも環境的には部族は力を伸ばすことになる。これからどうなっていくのかは時間のみが知ることである。

More Stories

どう思われますか?