ポーカープレーヤー協会UIGEAの延期にわく

ポーカープレーヤー協会UIGEAの延期にわく 0001

アメリカ政府は今日 Unlawful Internet Gambling Enforcement Actの思考を6ヶ月遅らせ、2010年6月1日とした。施行を遅らせるように要求してきたインターネットポーカー/ポーカープレーヤー協会にとってこの延期は大きな勝利である。この法を議会が見直す期間6ヶ月を設け、ポーカーと一線を画す「違法なインターネットギャンブル」の定義を見直す結果となった。「協会はこの決定と6ヶ月の猶予に非常に喜んでいる。」と協会長であり元議員のAlfonse D'Amatoは述べた。「これはポーカー界にとって大きな勝利だが、それだけでなくむしろ公正なパブリックポリシーを支持する人みんなにとっても大きな勝利といえるでしょう。この6ヶ月の期間は政府がUIGEAの性質をより明らかにし、来年の始めにはポーカーを許可、一部規制をするのに重要なものとなるでしょう。」

John Pappas,協会のディレクターは与えられた6ヶ月がポーカー界の助けとなるだろうと述べた。「この決定によって議会は迅速に対応することが求められると思います。上院下院ともに動きが見られるでしょう。よい発展が見られれば、さらに延期になる可能性も望めます。」

今回の延期を決定する助けをしたBarney Frank (D-Mass.)は木曜日に議会で法案 HR 2266, the Reasonable Prudence in Regulation Act, and HR 2267, the Internet Gambling Regulation, Consumer Protection, and Enforcement Actなどの審議を促す方針だ。

「ブッシュ政権の取った過度の規制に対して、この方法ならゆっくりと物事を考えることができます。とFrankは述べた。

ポーカープレーヤー協会は9月18日に National Thoroughbred Racing Association and the American Greyhound Track Operators Associationと協同嘆願書を提出した。

今回の決定で政府は議員も含む関係各所から嘆願書を受け取っていた。ポーカー業界が議会や司法省から攻撃を受けて数年、勢いがインターネットポーカー側にきている。 

「この問題について議会がどう考えるかをかえる小さな勝利を私たちは重ねてきたのだと思います。」とPappasは言う。「しかし今回のことは最も大きい変化をもたらすのではないでしょうか。この期間内に議会は何か手を打たなければなりませんし、迅速な対応を願いたいものです。こうした中でFrankが来週にも審議会を開くというのは最良の動きだと思います。」

More Stories

どう思われますか?