2009年トップ10ストーリー: Phil Ivey World Series of Pokerメインイベントファイナルテーブル

2009年トップ10ストーリー: Phil Ivey World Series of... 0001

多くの人が2009年のトップ10ストーリーの首位は"Isildur1"の high-stakes

ポーカーシーンへの登場であるべきと主張するかもしれませんが、どんな話題も

Phil Iveyの今年度のWorld Series of Poker メインイベントに勝るものはありません。

7月と11月に poker's holy grail を獲得したIveyは、ポーカーワールドに旋風を

巻き起こしただけではなく、主流スポーツメディアまでも熱狂させました。

この事でIveyが2009年の話題トップになります。

期待はずれの2008年ワールドシリーズでサイドベットで数100万ドル損失したが、

Iveyの2009年WSOPは2008年の損失を十分に補いました。Iveyが6個目のWSOP

braceletを獲得するまでそう時間はかかりませんでした。彼のファイナルテーブル

イベント8は、ノーリミットdeuce(ジュース)からseven lowball draw

トーナメントです。最終テーブルでは、少し不利な状況に置かれましたが、彼の研ぎ

澄まされたポーカー能力を発揮し、1つずつ制覇していきました。1位の賞金は、

わずか96,000ドルだけですが、Iveyにとってブレスレットは20万ドルから1200万ドル

のサイドベットの価値があると報告されました。

彼の敵にとっては残念なことに、Iveyの快進撃はまだ終わっていないようです。

ちょうど1週間後に、今度はオマハ/7カードスタッド ハイロ-イベントで、

ブレスレット7個目を獲得し、金額は明らかにされていませんが、サイドベットと

220,000ドルを獲得しました。1年で数人のプレーヤーが多数のWSOPを獲得していま

すが、 まだ6月中旬でIveyの2勝利は、ポーカー界をざわつかせました。

6月下旬に3度目のWSOP ブレスレット獲得に向け参加したIveyだが、$5,000

バイイン・ノーリミットホールデムで8位に終わりました。しかし、7月7日からが

この物語の本当の始まりです。

WSOP メインイベント以降、Iveyの名前は毎日トップ10チップカウントに挙げられ

ました。また、5日目には100万ドル以上得て、$1.4M個分のチップを獲得しており、

Ivey が世界で一番のポーカープレーヤーであると証明しました。

6日目には、ポーカー界全体がPhil Iveyに注目していました。Joe Sebok、Antonio

EsfandiariやTom Schneider等、有名なプレーヤーも多数いましたが、みなスポット

ライトを浴びているIveyの陰に隠れてしまいました。6日目は、$6M個分以上のチップ

で3位に終わったIveyだが、7日目には$11Mになっていました。

8日目はIvey にとってたやすい道ではなかったようです。ファンやメディアに注目

され、少し神経質になって落ち着かない様子でした。1人、また1人と脱落者が出る

中で、Phil Iveyの名前も少しずつショートスタックリストに近づいていきました。

ファイナル10ハンドテーブルの時には、Iveyはスタックが最も少ないプレーヤーの

1人になっており、多くの人は、彼が2003年大会のファイナルテーブル同様、10位に

終わるのか、終わらないのか、考えていました。テーブルから少し離れたところに

立っているアマゾンルームにいる人全員が Iveyに声援を送っていました。彼がチップ

またはカードを見る度に、ファンは息をのみながら見守っていました。ついにファイナル

テーブルのバブルがはじけました。Darvin MoonがJordan Smithのエースをポケット8で

破りました。

7月から11月にかけてMoonは5800万ドルのチップをリードしていましたが、Phil Ivey

の970万ドルが町、国中でもっぱらの評判でした。Phil Iveyは、ESPNマガジンでポーカー

プレーヤーとして初めて表紙を飾り、ESPNプライムタイムニュースマガジンショー、

「E:60」で特集を組まれました。数日間 Iveyを追いかけ、彼のお金にあふれライフ

スタイル、プライベートジェット、VIP待遇など記録しました。それは、初めてプロの

ポーカープレーヤーの人生が良い面で描かれた番組でもありました。

重要な日が11月にきた時、再びIveyが注目の的であったのは、非常に明確でした。この

伝説の試合をより良い席で見れるよう、開場する1時間前からPenn & Tellerシアターの

外ではファンの長蛇の列が出来ておりました。毎回Iveyにポットがあると、会場は無気味

な静けさに包まれていて、彼のハンドが勝つと興奮し、負けるとため息をつきました。

永遠にためらい続けるかと思った後、Iveyはようやくダブルアップ出来る位置になり、

{a-Clubs}{k-Spades}でオールインし、コールしたのは{a-Diamonds}{q-Spades}を持っているDarvin Moonのみでした。

フロップは、Moonに有利なqueenが出て、その後も不運にも助けのカードは出ず、

Iveyは期待はずれの7位に終わりました。

Iveyが7位に終わった事は非常に残念でしたが、そこにたどり着くまでの彼の物語が周り

を惹きつけ、大勢のメディアが選ぶ2009年のトップストーリになりました。

今大会最大のスターは、今までのポーカープレーヤー、ポーカーイベントが未だ見た事

のない程のスポットライトと共に大舞台にいました。最終テーブルでIveyに会った時、

著者はIveyに今度はいつファイナルテーブルで会えるか聞いてみたところ、彼は

「たぶん来年には。」と笑顔で答えました。

More Stories

どう思われますか?