2009年トップ10ストーリー:Jeffrey Pollack WSOPコミッショナーを辞任

2009年トップ10ストーリー:Jeffrey Pollack WSOPコミッショナーを辞任 0001

"Good morning WSOP Nation!" TwitterでJeffrey Pollackをフォローしている方ならご存知

のこのフレーズ。World Series of Pokerになると、毎朝そのフレーズから始まり、後に

"今日の歌"が続きます。2010年のWSOPではこのフレーズが見られなくなる事がとても残念

であり、また、ポーカー界で一番おしゃれな人を欠けてしまいました。

2009年11月13日に、Jeffrey Pollackは、World Series of Pokerのコミッショナーの辞任を

発表しました。2005年に、PollackはHarrah Casinoのマーケティング副社長として採用され、

2006年にWSOPのコミッショナーになりました。コミッショナーとして在籍した4年間は、

WSOPの総額賞金プールが過去の36トーナメントに比べ2倍以上になり、88%も成長しました。

また、彼はPlayers Advisory Councilを設立し、$50k H.O.R.S.Eチャンピオンシップと

November Nineを設けて、WSOPヨーロッパを含む、WSOPブランドの範囲を増やしました。

マーケティングに関する彼の大胆な意見は、同様にスポンサーシップとパートナーシップ

会場も変えました。イベントがテレビ中継されることによって、ポーカープレーヤーに

多くのスポンサーや、商品の宣伝等でよりたくさんお金を稼げる機会を与えました。

また、彼は辞任する前に、私達にESPNで過去7年間のWSOPを見るように勧めました。

Pollackが辞任後何をするかはまだ情報はありませんが、World Series of Pokerは、後任の

コミッショナーを採用する事はないと言っています。なお、Pollackは、Las Vegas Review

Journalのインタビューでこう述べています。「物事は非常にうまく進んできました。私は、

トーナメントの成長、特にポーカーで経験した事をとても誇りに思っております。私は特定

の目標を持ってこの役割につきました。そして今、World Series of Pokerが拡大・発展して

いき、その目的が達成されました。」

「我々は、過去4年間のJeffreyの貢献にとても感謝し、彼のこれからの幸せを祈ります。

World Series of Poker は今後もマーケットリーダーのままであり続け、将来も良い位置に

居続けます。」と、WSOPスポークスマンが言いました。

私達は、"今日の歌"、"朝の挨拶"、WSOPファイナルテーブルでのきびきびした彼の姿が

見れなくなり、とてもさみしくなるでしょう。あなたのこれからの人生の成功を祈ります。

今までありがとう、Jeffrey!

More Stories

どう思われますか?