2009年 トップ10ストーリー: PartyGamingがWorld Poker Tour買収

2009年 トップ10ストーリー:  PartyGamingがWorld Poker Tour買収 0001

World Poker Tourを買収するというPartyGamingの決断は、UIGEAが廃止

されるならば、米国向けマーケットに会社を再度入る事を助ける為でもあります。

多くのメディアメンバーによって今年のトップストーリの1つ選ばれた、

このユニークなパートナーシップは、2つのかつての大企業が将来前進するために

結合しました。

最近のPartyGamingの声明によると、彼らはPartyPokerブランド

の強さを信じており、その強さで最も重要なトーナメントシリーズを推進して

くれる事、そしてサイバー界以外に国際的な存在感を高める助けをしてくれると

信じているため、今回の判断・選択は意義あるものです。また、今回の買収は、PartyGamingにとって他のポーカーツアー運営者、 PokerStars,

EPTやWorld Series Of Pokerと同様な権限を与えられる事を可能にしました。

それは、長期間続けるためにも非常に重要となります。

この動きは、いくつかの理由のために意味をなしますが、間違いなくこの

取引の最も重要な結果は、PartyGamingが米国に地盤を固める場を与える事です。

一旦UIGEAが廃止されマーケットを去った場合、PartyGamingはこの高収益な

分野の非-米国向けサイトでは最大になり、そして国際ツアーを追加する事により

彼らの手助けになる事でしょう。

オンラインポーカーサイト市場に勝ち残るためには、プレーヤーや収入を惹き

つける様なランドベースの存在を必要とします。WPTがPartyGamingにとって

その役割を満たしております。

PartyGamingが WPT買収を決断した1つの理由に、WPTがPartyGamingに

新しいプロモーション宣伝方法でプレーヤーをサイトに惹きつけ、確保し続け

られる様にする事でもあります。他のオンラインサイトがランドベーストーナ

メントを自身のサイトで宣伝している事を考慮し、彼らと競争力を保ちたいのならば、PartyGamingも同様な事をしなければいけません。言いかえれば、PokerStars

がPCAシリーズ時にやった事と同様に、PartyGamingはブランドパワーを利用して

WPTを強化する必要があります。(PokerStarsは、プレーヤーをサテライトで

イベント参加資格を与えている唯一のサイトです。)

PartyGamingが WPT買収した3つ目の理由は、WPTはすでにテレビで取り

扱われる事が確実だからです。もしWPTを買収してなければ、この厳しい経済

情勢ではPartyGamingは自身のツアーを始めるのに相当時間がかかり、それが

成功する保障もありません。WPTのブランド名は広く知られており、近年WPTは

苦心していましたが、PartyGamingがプレーヤーを沢山イベントに参加させれば、

賞金プールが増加する事になり、会社とポーカーに注目を集めることができれば、

以前のショーみたく評判が高くなることも簡単です。

最終的には、PartyGamingのWPT買収は、一旦彼らが米国市場に入ることを

許されるならば、4番目に大きいポーカーサイトとなります。また、UIGEA前に

サイトがどれだけ成功するか考えているのならば、PartyGamingはWPTを強化

するため他から助長する心配は全くありません。WPTは、PartyGamingの

フラッグブランドであり、将来的に財政面でもこの補強は大いにプラスになるでしょう。

More Stories

どう思われますか?