ハラー氏のものはラスべガスのそのリオ・所有地を売りに出されているようにします

Harrah's Rio Property in LV 4 Sales

リオ・オール-スイートホテル及びカジノポーカーで最も大きいトーナメントシリーズのサイトは売りに出されて親会社によって置かれました。

ブルームバーグ・ビジネスウィークの中で明らかにされるように、ハラーズ・エンターテイメント社はリオの為に企てを求めています。それはワールド・シリーズ・ポーカー(WSOP)の毎年のホームです。

企ては2つの会社によって既に提出されました:スターウッド・カピタル・グローバルLLC及びコロニ・カピタルLLC。情報筋、企てがリオ特性全体をちょうど約5億USドルと評価すると言います。

買入されたプラネット・ハリーウツドはハラース氏が次の月に売りの発表されています。バーリス、フラミンゴ、ハラース、ダ インペリアル パラス、とビルス ガンブリング ホールとサールンがハラー氏の他の所有地ラスベガス、パリスを含まれています。

規定するファイリングによる、ラスベガス ストリップの西に位置したリオと言う場所で、1,100スロットマシン、90ゲーミングテ-ブル及び2,520部屋と共に117,300平方フィートのカジノを特色とします。

今年のWSOPが既に約1カ月後にある状態で世界中のポーカープレーヤーはリオがまだホスト開催地になっていると確信しています。 もっとも、いったんそれを販売するとWSOPがリオに戻るかどうかがまだ答えが得られていない質問です。

ハラー氏のものは又はどちらの命令会社のもコメントがありませんでした。

2010年のワルド・シリース・ポーカーのシリーズの歴史に41番目です。それは5月27日から7月17日までに行われます。合計に57のブレスレット・イベントがあって、そしてUS $10,000を含んでいること、ノ・リミット・ホルド・エム・チャンピヨンシップは7月5日に始まります。

排他的なfreerolls(フーリ・ロールス)、ボーナス、及び促進を手に入れる為、Asia Poker News (アジア・ポーカー・ニュース)をオン・ライン・ポーカー・ルームにお申し込みを下さい!

その他のニュースと情報につきましては、私達のhttp://www.facebook.com/AsiaPokerNews と
http://twitter.com/asiapokernews にご参加下さい!

More Stories

どう思われますか?