Absolute Poker アメリカのDoJと合議

Absolute Poker アメリカのDoJと合議 0001

Absolute PokerとUBがアメリカのDepartment of Justice(DoJ)とアメリカのユーザーにバンクロールを返すことに関した合議ができた。

アメリカ連邦地方検察はAbsolute Pokerの資金は現在第三者にあり、それを返してもらってユーザーに返すことに関して最大限に協力すると述べた。

PokerStarsとFull Tiltとは違ってAbsolute Pokerは「.com」のドメインを返してもらってないが、これはそもそもAbsolute Pokerからの要請がなかったためだと伝えた。

ブラック・フライデーの以降Absolute Pokerが最も優先にしてるのはアメリカのユーザーに金を返すことであり、まだ解決すべきのいくつかの法的問題があるが、会社内の弁護士とBlank Rome LLPはベストをつくして方法を模索していると述べた。

会社のスポークスマンは今回のDoJとの合議は非常に重要な役割になり、もう第三者の会社からユーザーの金を回収し始めると述べた。まだ、返す方法までは決まってないが、安全で効率的な方法を見つけるために努力しているとも述べた。

More Stories

どう思われますか?