American Gaming Associationとオンラインポーカー

American Gaming Associationとオンラインポーカー 0001

現在AGA(American Gaming Association)がオンラインポーカー法案を構想中だと述べて、来月内に審議を請求する予定だと伝えた。AGAのCEO、Frank J. Fahrenkopf, Jr.によるとアメリカの議会議員とカジノの経営陣は例の4月15日の事件後、続けて新しい法案について会議していた。

この法案が承認されるとしても、アメリカの各州は可否を選べられる。

AGAの役割はアメリカのゲーミングマケットを守ることで、今までの事件には常に中立的な立場をとってきたのだが、今回の事態のあと、立場を帰っているようだ。

もし、法案が承認されると、約1,500万のアメリカの市民達がオンラインポーカーでプレイすると予想され、その税金から年間$200億を確保することができると予想される。その他にも数多い職場が生まれる効果まで期待できる。

だが、この法案に対して議会からの対処が遅くなるとアメリカの市民達は結局4月15日事態によって、現在はサービスが中止になっているアメリカサイトから、信用度が低い他のサイトに集まることが予想され、それは仕方ない当然な現象だと述べた。

彼はオンラインポーカーに対した法案ができるということは犯罪を予防し、消費者を守る方法だと述べた。そして、オンラインポーカーを通じて収益を得たユーザーもまた、それに対する税金を払うべきだと述べた。

オンラインポーカーはイシューになっているが、ライブポーカーはアメリカの国会でも大きな人気であることもまた事実だ。国会議員が参加するホームゲームが毎晩、どこかで行っていると言えるくらいだ。さらにはオバマ大統領までポーカーを楽しんでいると言ったことがある。

ポーカープレイヤ達はポーカーを始めるときにグラインディングを通じてゆっくり学んでいるし、どんなに優れた選手でも、バッドビットに連続でやられる日は方法がないということを理解している。だからこそ、この法案が紹介されても、結果が出るまでは長期戦になることも理解しているはずだ。

Fahrenkopfはオンラインでベッティングすることは違法じゃない今の状況でこのようなサービスを提供するアメリカの会社がないということはおかしいと主張した。そして、このようなサービスを求める国民の需要が高くなっているにも拘わらず、違法ではないが、完璧な合法でこのようなサービスを提供できない状況に不満を表した。なお、禁止して特定の人物達を起訴することも結局、何の効果もないと述べた。

More Stories

どう思われますか?