Macau Poker Cup オープニング・イベントから新記録でスタート!

Macau Poker Cup オープニング・イベントから新記録でスタート! 0001

MacauのCasino Grand LisaboaでPokerStarsの13回目Macau Poker Cupをオープニング・イベントから新記録を立てながらスタートした。イベントNo.1の$3,000ノーリミット・ホールデムイベントは189名が参加しながら計HKD$500,000の賞金になり、元のHKD$300,000ギャラを超えた。

2011年2月にMacau Poker Cupは計1,579名の参加者とHKD$7,780,281(USD$1,000,000)の賞金ギャラを作り、すべてのアジア・ポーカーシリーズの記録を破った。このような成果で運営スタッフからは今回のMacau Poker Cupシリーズを6日間から9日間に、そして計8個のAsia Poker of the Yearイベントを行うことに決定した。

メーンイベントであるRed Dragonイベントは、2月にHKD$5,000,000の賞金ギャラが与えられ、今回のメーンイベントはまだ5日も残っている。メーンイベントが前回より少ない参加率を見せると多くの人が予想したが、初オープニング・イベントが36%も増えた今の結果はその予想の反対の結果が予測される。

Asia Player of the Yearは現在、イベント1では脱落したHung-Sheng"Shaq"Linが3,831ポイントで明日のイベント1が終わる瞬間1位が確定されたといえる。しかし、前回のRed Dragonのメーンイベントの優勝者でありながらPokerStarsがスポンサーしたMark Benasa選手がオープニング・イベントを優勝したら960ポイントを獲得し、圧倒的な1位になる可能性も残っている。現在、フィリピンのプロ選手であるMark Benasaは2,585ポイントでAsia Player of the Yearの2位を記録している。

今回のMacau Poker Cupから注目されている他の選手はやはりTeam PokerStarsのプロ選手達であるCelina Lin、Raymond Wu、そして2010 Asia Player of the YearのBryan Huangだ。

Macau Poker Cup Schedule

Saturday, May 28 @ 2:10 PM – HKD $500 3x Turbo Rebuy Red Dragon Satellite (5 Seat Guarantee)
Saturday, May 28 @ 8:10 PM – Event 1:HKD $3,000 NLH (HKD $350,000 Guarantee) [2-day event]
Sunday, May 29 @ 2:10 PM – Event 2: HKD $1,000 Charity Event + 2 Rebuys (HKD $50,000 Added Prizes)
Monday, May 30 @ 8:10 PM – Event 3: HKD $1,500 Deepstack (HKD $150,000 Guarantee) [2-day event]
Tuesday, May 31 @ 8:10 PM – Event 4: HKD $5,000 KO Bounty (HKD $500,000 Guarantee) [2-day event]
Wednesday, June 1 @ 2:10 PM – HKD $4,000 Teams Event
Thursday, June 2 @ 2:10 PM – Event 5: HKD $11,000 Red Dragon (HKD $3,000,000 Guarantee), Day 1A
Friday, June 3 @ 2:10 PM – Event 5: HKD $11,000 Red Dragon (HKD $3,000,000 Guarantee), Day 1B
Friday, June 3 @ 7:00 PM – HKD $1,000 Ladies Event
Saturday, June 4 @ 2:10 PM – Event 6: $6,000 NLH ($600,000 Guarantee) [2-day event]
Saturday, June 4 @ 8:10 PM – Event 7: $30,000 High Rollers [2-day event]
Sunday, June 5 @ 2:10 PM – Event 8: $2,500 KO Bounty ($250,000 Guarantee)

More Stories

どう思われますか?