ブラック・フライデーがSCOOP 2011に与えた影響

ブラック・フライデーがSCOOP 2011に与えた影響 0001

今回、PokerStarsのSCOOP 2011にアメリカのユーザー達が参加できなくなり、大きな打撃が予想される。予告された総ギャラは45%も減り、計114個のイベントの中から111個のイベントの賞金が減った。各ステークスにどのような影響があったか見てみよう。

2011 SCOOP–L Prize Pool Changes

TournamentsOriginal GuaranteesNew GuaranteesChangePercent Drop
38$5,825,000$4,035,000-$1,790,00030.7%

まず、38個のローステークス・イベントだ。3つのイベント(PL Draw、Razz、8-Game)を除いた全イベントの賞金が減った。最も大きく減ったのはNL Omaha H/Lである。最初、$50,000だったが、$20,000まで減ってしまった。$109メーンイベントのギャラは$1,000,000だったが、25%が減ってしまい、$750,000になった。

2011 SCOOP–M Guarantee Changes

TournamentsOriginal GuaranteesNew GuaranteesChangePercent Drop
38$16,075,000$8,885,000-$7,190,00044.7%

ミディアム・ギャラのイベントもまた、20%から60%までギャラが減った。ロー・ステークスと同じく最も大きく減ったのはNL Omaha H/Lで$100,000から$40,000まで減った。そしてメーンイベントもまた、$3,000,000から$1,500,000まで50%も減ってしまった。

2011 SCOOP–H Guarantee Changes

TournamentsOriginal GuaranteesNew GuaranteesChangePercent Drop
38$23,100,000$12,080,000-$11,020,00047.7%

最も打撃が大きかったのはハイ・ステークスだといえる。38個のイベントの中で21個はギャラが50%以上も減ってしまった。

2009のSCOOP参加者の40%がアメリカユーザーだった分、今回のシリーズに大きい打撃が予想される状況だ。しかし、ユーザー達がイベントに参加し始まると現在に公開されたギャラを上回る可能性が高い。そのため、本来の$45,000,000から45%が減り、$25,000,000ギャラになっているが、実際に参加が始まるともっと肯定的な結果も予想できると専門家達は予想している。

More Stories

どう思われますか?