ブラック・フライデーの一番の被害者は?

ブラック・フライデーの一番の被害者は? 0001

最近、2011 WSOPとPhil IveryがTiltwareを訴えた事件、ブラック・フライデーの以後のアメリカのオンライン・ポーカーに対した政策に注目されている。しかし、今回の事態から最も被害をうけたのは誰かということだ。一番の被害者はアメリカのユーザー達であり、特にCharlotte、North Carolinaのユーザーの一人が代表的な例である。

彼は数年前、アメリカの不動産暴落の以後、ポーカーを始めた生計手段としたプレイヤだ。彼はポーカーを始めてから家族をもっと多い時間を過ごせるようになり、定期的な収入も前より良くなっていた。しかし、4月15日がやってきた。

「もしも、私が結婚していなかったり、ポーカーが趣味であったならば、この問題にもっと軽く対応したかもしれません。しかし、私には私に頼っている妻と子供がいます。それで衝撃が大きいです。」とMongelefskyは言った。

彼は今回、ラスベガスに行ってWSOPが行われる間にライブ・キャッシュゲームに挑戦する予定だが、それ以外の選択がない状況が喜ばしくない。

「妻と子供と長い間、離れていなければならないので、もっと腹が立ちます。家族とは二日以上離れていたことがありません。」とかれは言った。

現在、アメリカでオンラインポーカーに対した法案が肯定的に受け止められていて、そのうち通過されると多くの専門家達が予想している。その反面、すでに大きい打撃を受け続けているアメリカのユーザー達の立場も考えて、もっと早くこの事態に対するいい結果が出てほしい。

More Stories

どう思われますか?