John Juanda、Phil Hellmuthの12番目ブレスレットの獲得を阻止!

John Juanda、Phil Hellmuthの12番目ブレスレットの獲得を阻止! 0001

2011 WSOPのDay12に行われたイベント#16 $10,000ノーリミット2-7ローボール・チャンピオンシープのファイナル・テーブル、Phill HellmuthとJohn Juandaのヘッズアップ。3倍のチップリードで始めるようになり、初めてホールデムではないイベントから彼の12番目ブレスレットを記録することが注目された。2-7ローボールでは優れた選手として知られているJohn Juandaはファイナル・テーブルが始まるときからショット・スタックだったので、ヘッズアップの状況まで残ったことだけで評価されていた。

しかし、John JuandaはとてもアグレッシブなプレイでPhill Hellmuthのスタックを少しずつ奪い、結局、優勝した。John Juandaは$367,170の賞金と彼の5番目WSOPブレスレットを獲得した。

John JuandaはPhill Hellmuthがホールデム以外のゲームでは強くないと聞いていたが、Phill Hellmuthのプレイは素晴らしかったと評価した。なお、自分に入った後半のハンドが強かったので、そうでなかったら優勝者は当然Phill Hellmuthだったはずだと述べた。

John Juandaはこのイベントで過去2年連続にファイナル・テーブルに進出し、4位を記録したことがある。

More Stories

どう思われますか?