WSOP 10レベルルールに対した反応

WSOP 10レベルルールに対した反応 0001

今年のWSOP 2011からすべてのイベントに対して1日に10レベルずつ進行されるという新しいルールができた。このルールが発表された当時は肯定的な反応であったが、いくつかのイベントで実際に適用された今はどのような反応であろうか。現在、色々な議論の中心にあるこの新しいルールの反応に関して調べてみた。

このルールに関する意見を初めて聞いたのはイベント#4 $5,000 ノーリミットホールデム・イベントの優勝者であるBariからだった。新たなルールから直接的に影響された選手のなかで1人である。イベント#4 デー3のフィールドは42名で始まった。10名の選手が残ってからは1つのテーブルになり、9名が残るとその日のプレイは終わると予想していた。しかし、10レベルになるまでプレイが続いたり、優勝者が決まるまで、プレイが続くということが全選手に届いた。

選手達は9名が残るとプレイを終了してほしいと意見を集めて主張したが、WSOPトーナメントディレクターのJack Effelは不可の判断を出した。結局、10レベルまで進行されて、デー3は4名の選手を残して終了された。その翌日に4名が集まってイベントの優勝者を決めるしかなかった。

ほとんどの選手がこの新しいルールに不満を持っている。イベント#8 $1,000ノーリミットホールデム・イベントの優勝者であるSean Getzwillerは何故、朝2時なのに、しかも6名が残った状況で何時間ももっとプレイしなければならないのか理解ができなかったと述べた。結局、そのイベントも3名が残った状態でプレイが中断され、その翌日に優勝者を決めるしかなかった。

このような理由で選手達がこのルールに多くの不満を持ち始めた。どのような方法でこの問題に対応するべきかに関するいろいろな意見が出ている反面、まだWSOP側からはコメントがない状況である。

More Stories

どう思われますか?