Full Tilt Pokerの真実とうわさ

Full Tilt Pokerの真実とうわさ 0001

この前、Full Tilt PokerのCEOであるRay Bitarが辞任してヨーロッパのビジネスマン達がFull Tilt Pokerの大株主となる予定だといううわさがあった。そして、このヨーロッパのビジネスマン達の投資によってアメリカのユーザー達にキャッシュアウトが提供されるし、DoJとの問題も解決されるといううわさもあった。
Pokernewsからこのうわさ達のどこまでが真実であるのかを確認してみた。

Full Tilt Pokerの弁護士は実際にヨーロッパのビジネスマン達があくまで、投資をするだけでFull Tilt Pokerを買うのではないと伝えた。なお、彼らについて公開はできないが、Eゲーミング業界の競争社会ではないし、Eゲーミング市場に初めて進出するビジネスマン達だと伝えた。

そしてCEOのRay Bitarの位置は変わらないと伝えながら、彼の辞任は単なるルーマーだと一蹴した。

今回の契約によってアメリカのユーザー達に迅速なキャッシュアウトを提供するのはもちろん、停止されたライセンス問題も解決するし、DoJとの問題も迅速な解決を望んでいると伝えた。

More Stories

どう思われますか?