MPCCチャンピオンはマレーシアのRaiden Kan

MPCCチャンピオンはマレーシアのRaiden Kan 0001

今回のMPCCチャンピオンはRaiden Kan。
すばらしいプレーでDay3まで残ったKanは Day3の序盤、QQとAAが入ってチップりーになり
最後までチップりーダーのまま優勝を果たした。

Kanは、トーナメントでトップになるためにはハンドも運も大事だけど、今回は全てが順調にいけたと語った。
Day2の時、KanはTTでAA、KKとの対決でリバーでストレートを完成しトリプルアップをしDay3まで残ることができた。
ファイナルテーブルの時もKKが何度も入って、何度もセットを作ったり、フロップフラッシューが二回も出来る中で
2回のall-in対決で勝利した。

もちろんKKでQQに敗れた時も、AJでA5に敗れた時もあった。
しかしKanは、タイトプレーとアグレッシブプレーをタイミング良く使うなど流れをうまく活用し
MPCCチャンピオンタイトルと賞金HK$1,250,000を獲得した。

Day1から活躍したSeijiro Machi さんは唯一ファイナルテーブルに残った日本人。
残念にも9位でフィニッシュ、HK$125,056を獲得。
Day3に残ったShimizu Masatoさんは17位HK$55500、  Yachida Tadashiさん18位HK$55500、
Yabuuchi Nobuhiroさん33位HK$ 33300を獲得するなど今回のMPCCも多くの日本人が素晴らしい活躍を見せてくれた。

More Stories

どう思われますか?