グループBernard Tapie米国司法省と合意完了!

グループBernard Tapie米国司法省と合意完了! 0001

2011年11月17日、グループBernard Tapie(GBT)は、米国司法省に押収されたプルチルトの資産すべてを$8,000で購入することになったと明らかされた。

この決定はプルチルト出資者の2/3以上の投票を必要とされて、円滑に進んだ場合、米国司法省が米国プルチルユーザーにすべてのお金を返還し、GBTが他のユーザー達のお金を返すことになる。米国司法省が返還する金額は総額$15,000で、まだ返還の具体的な方法は明らかにされていない。

米国司法省はまた、プルチルトに関するすべての告訴を取り下げることにした。
しかし、Howard Lederer、Chris Ferguson、Ray Bitarへの告訴は維持される。

プルチルト傘下の会社との合意点を見つけるしだ返還は可能だと予想される。
しかし、米国司法省との契約の上、プルチルトの持分を維持できないという。

具体的な買収方法や時期はまだ知られたところがない。

まだユーザー達のペイアウトがどのように進行されるかについてはわかっていない。

More Stories

どう思われますか?