2011 WPT Five Diamond World Poker Classicの新しい歴史の行方

2011 WPT Five Diamond World Poker Classicの新しい歴史の行方 0001

WPTは10周年の記念イベントを派手に過ごしています。Doyle Brunson Five Diamond World Poker Classicの6リング・ファイナルテーブルではすごい選手たちが集まっていまして、その中には去年のチャンピオンAntonio Esfandiariもいます。彼は去年438名の選手たちと戦って優勝し、賞金$870,000とともに彼にとって2度目のWPTクラウンを手に入れました。彼とファイナル・テーブルで戦った選手ではSoi Nguyen選手とVanessa Selbstもいました。

今度Esfandiariが優勝したら彼の三回目のWPTタイトルになり、Gus Hanson、Carlos Mortensenとともに過去WPT10年の間一番タイトルの多い選手になります。

WPT Five Diamond World Poker Classic Table Seat Draw

SeatPlayerChips
1James Dempsey3,860,000
2Vitor Coelho560,000
3Antonio Esfandiari1,255,000
4Andrew Lichtenberger3,605,000
5Vanessa Selbst2,250,000
6Soi Nguyen4,995,000

WPT Five Diamondイベント以外にも$100,000 スーパーハイ・ローライベントでも見慣れた選手たちがいました。トップ3だったDavid Sands, Issac Haxton、Jason Mercierがチョップし、結果はMercierがSandsに勝ち、タイトルとWPT World Championshipsの$25,000チケットを獲得しました。

MercierのツイーターによるとSands$629,000 、Haxton$582,000、そして彼自身は$683,767をチョップで得たそうです。今度の スーパーハイ・ローライベントにはダニエル・ネグラニュ、エリッグ・サイデル、バン・ラム、そしてJustin Bonomoを含めた29人のトップ選手が参加して$300ほぼ近くの賞金プールが出来たと言います。

More Stories

どう思われますか?