メルボルンのカジノ、3300万ドルのハッカー被害で捜査

Crown Casino

オーストラリア、メルボルンにあるクラウン・カジノオージーミリオンを毎年主催し、国内最大のプレーの場である。
ヘラルド サン紙によると、そのクラウン・カジノが海外からのハイローラーに監視システムをハックされ3000万ドル以上の被害を出したと当局に警告した。

報告によると、犯人は犯罪を画策、実行するためにカジノ独自の監視システムを利用したとしている。
オーストラリア放送協会 によれば、クラウン・カジノの監視システムはカメラをパンし、ゲームテーブルに傾けたりズームしたりすることが出来る。
ハイローラーが何百万ドルも賭けたプレミアムゲームルームには更なる監視システムがあるということだ。

ABCの報告によると、ディーキン大学のリンダ・ハンコック 教授はクラウン・カジノの従業員が犯人と共同して犯行に及んだのではないかとみている。
どれくらいの人数が犯行に関与しているか、また、どのカジノ・ゲームが使われたかなどは明らかにされておらず、名前も公表されていない。
ABCは、ビクトリア警察が調査に関与していることを明らかにしている。

MSN News からの報告によると、犯人は監視ビデオを通して特定され、そして、カジノのVIPスタッフのメンバーが事件の結果として退会させられたと述べている。

PokerNewsはクラウン・カジノにコンタクトをとったが、今はコメントすることができないとのことである。
詳細な情報が明らかにされるまで、このあともサイトをチェック!

More Stories

関連トーナメント

どう思われますか?