ベトナムの新カジノリゾート、承認される

ベトナムの新カジノリゾート、承認される 0001

日本のポーカープレーヤーに新たなアジアでのプレーの場がすぐに広がるかもしれない。

Tuoitre Newsによると、ベトナムのブンタウに 新たな大型リゾートを開発中であるアジアン・コースト・ディベロップメント(ACDL)がベトナム政府からカジノライセンスを取得したことを発表しました。

最高経営責任者のLloyd Nathan氏によると、ベトナム、バリアの沿岸行政区委員会は同社へのホーチャムストリップのリゾートプロジェクトの新たなカジノ建設、運営のライセンスを承認したとのことです。

ホーチャムストリップはベトナム国内初で最大の総合リゾートとなります。施設は400エーカー以上に及び、首都ホーチミンからは車でわずか2時間の場所にあります。42億ドルを投じて建設される複合施設は1,100室の客室を含み、開発第1期の建設には、ラスベガスをモデルとした541室の5ッ星ホテル、9つのレストランなどがあります。

Plans for MGM Grand Ho-Tram
Plans for MGM Grand Ho-Tram

ACDLは現在タワー2を建設中であり、更なる599の客室と、 Greg Normanがデザインした18ホールのチャンピオンシップゴルフコースが加わる予定です。Nathan氏によると、新しいリゾートにふさわしいブランドを検討中とのこと。ACDLと、2,000人以上のプロフェッショナルからなる開発チームは、この国内初の大規模なこの施設と5ッ星ホテルのオープンを心待ちにしており、ベトナムが世界においても必見の観光地となりうる、と氏は述べています。

ACDL はもともと、このカジノの第1期分を2013年の第一4半期にオープンの予定でした。しかしながら、ACDLの親会社、MGMリゾートインターナショナルはこのプロジェクトから3月はじめに撤退しました。伝えられるところによると、MGMの撤退はカジノライセンスの欠如が理由とのこと。

ベトナムには5つの小さなカジノがあり、いくつかのメジャーなホテルにはギャンブルの場所があります。しかしながらベトナム市民には賭博行為は禁じられています。2012年9月、財務省が国内での賭博の合法化を提案しましたが、ごくわずかの場所でしか行われていません。

投資が必要となっています。下にあるリンクを使い、どうかこの記事のシェアにご協力をお願いします。その際にはカット&ペーストはしないで下さい。詳しくは Ts&Cs and Copyrightポリシーをご覧下さい。
更なる権利の購入については、ftsales.support@ft.comにEメールでご連絡下さい。
Vietnam’s local gambling dilemma

ベトナムは経済的に困難な状況下にあり、ベトナム政府は財政政策から金融セクターまですべての改革に苦戦しており、賭博についての改革は優先ではありません。しかしながらベトナム社会主義政府も経済メリットの可能性については認識しています。

PokerNewsはインターナショナルのポーカーウェブサイトです。世界中のオンライン・ポーカープレーヤーとファンに、ポーカーにまつわるニュースやライブトーナメントのお知らせをお届けします。2013年の新プロモーションはぜひJapanese Poker News日本をご覧下さい。

More Stories

どう思われますか?