週間ポーカーニュース・ナナメ読み(2016年2月第1週)

  • ポーカーニュース日本語編集部ポーカーニュース日本語編集部
週間ポーカーニュース・ナナメ読み(2016年2月第1週) 0001

Sharelines

  • 週間ポーカーニュース・ナナメ読み(2016年2月第1週) オージーミリオンズでTakuya Yamashitaさんディープランから、Liv Boereeさん来日など。

海外から著名プレイヤーが日本に遊びに来てたり、国内では各地で大きな大会が開催されているようですね。
皆さんの今週のポーカーライフはいかがでしたか?

オージーミリオンズで日本のTakuya Yamashitaさん3位入賞

まずは、全てのイベントが終了したオージーミリオンズの$1500イベントで日本のTakuya Yamashitaさん3位入賞、賞金$AU39,890獲得。(日本語記事
2016オージーミリオンズでは日本人が好成績を残し、賞金総額$AU274,985を獲得。(日本語記事

週間ポーカーニュース・ナナメ読み(2016年2月第1週) 101

Baazov氏、Amaya社買収を計画

週明け早々に飛び込んできたニュースは、ポーカースターズ親会社Amaya社のCEO・Baazov氏、Amaya社買収を計画(日本語記事
ポーカースターズの一連の騒動をまとめて解説しようと準備していたのですが、驚きのニュースでした。その後、前オーナーが買収に関わるなどの噂が流れましたが、あまり進展はないようです。
ポーカースターズが上場してから、関係者などからは正直あまり良い話や噂を聞く機会はありませんでした。記事の中にも掲載されていますが、一般株主やアナリストを喜ばせる結果を重視し、ポーカー及びプレイヤーからは距離が離れていったように感じます。
Baazov氏が買収して今後どうなるのかはわかりません。こちらの記事にBaazov氏がポーカースターズを買収した時のことを語っているのですが、彼が目指しているのはマネーゲームなのか、ポーカースターズのさらなる成長なのでしょうか?
十分利益も上げているし様々なことを考慮すると、非上場化した方がプレイヤーにとってはプラスのことが多い気がします。オンラインポーカーが合法化されている国も増えていますが、グレーゾーンが大半を占める市場で上場企業が統率するのは無理があるように思います。
ポーカーは間違いなく、新しい時代に突入しようとしています。Baazov氏が買収に成功し非上場化しても、社内の問題は残るでしょう。また、Amaya社が継続してポーカースターズのオーナーであっても、現状の問題対応などを見ていると残念ながら楽観的にはなれない。
数年後に、オンラインポーカーの歴史を振り返った時にこの一連の動きは大きな転機になっているように思います。

週間ポーカーニュース・ナナメ読み(2016年2月第1週) 102

Steve O'Dwyerさん・1月の快進撃

GPIランキングトップ・Steve O'Dwyerさん・1月の快進撃(日本語記事
Steve O'Dwyerさんのプロフィールを調べて思ったのが、彼はまさに「グラインダー」の頂点。そして、古い言い方かもしれませんが、今最もホットなプレイヤーであることは間違いないでしょう。
数多くの有名プレイヤーがいますが、経済的に豊かになったり、家庭を持ったり、歳を取ったり、様々な事情で世界中のトーナメントを文字通り「飛び回っている」プレイヤーはあまり存在しません。尚且つ、開催される参加費の高いイベントにほぼ全て参加しているとなると、かなり限られるでしょう。
全ての状況が「旬」なSteve O'Dwyerさん、今年どれぐらい賞金を獲得するのでしょうか?

週間ポーカーニュース・ナナメ読み(2016年2月第1週) 103

WPT・Borgata、Chris Leongさん優勝

英語記事
Borgataで開催されていたWorld Poker Tour Winter Poker Open Championshipが終了しました。
1,171人が参加したこのイベントを制したのは、Chris Leongさん、賞金$816,246獲得。
2015WSOPメインイベントチャンプのJoe McKeehenさんが4位に入賞し、賞金$249,267獲得。

週間ポーカーニュース・ナナメ読み(2016年2月第1週) 104

ライブストリーム

オージーミリオンズのいくつかのイベントに続き、WPTもライブストリームしていたのですが、全て30分遅れの放映でした。この遅延放映が参加したプレイヤーに影響を与えているようです。情報を得るために参加しているプレイヤーは当然その放映を見るのですが、携帯で放映を見ながら、トーナメントでプレイしなければなりません。多少ゲームに対する集中力が落ちるかもしれません。
Jason Mercierさんは、「ファンのことを考えると早く見たいのも理解できるけど、見た目もあまりよくないし、ゲームへの集中力も落ちる」と語っています。その後、ツイッターではトーナメントテーブルの近くにあるTVに映しだすのはいいかもしれないと言っています。
Joe McKeehenさんは、WSOPのファイナルの時も同じようなことを言っていましたが、「カード運がいいって、あまり言うな!」と冗談交じりにツイートしています。

Daniel Negreanuさんのツイート

ポーカーニュースの公式ツイッターでリツイートしたのですが、Daniel Negreanuさんがブログを更新してツイートしました。ブログは主にハイステークスキャッシュゲームについて書いてあり、写真がアップされていて、その中にミックスゲームで使用するプレートに面白い名前のゲームがありました。ゲーム名は「Very Crazy Pineapple」。クレージーパイナップルの変形版で、フロップで1枚捨てるのではなく、ターンで1枚捨てるそうです。
このNegreanuさんのツイート、伝説のプレイヤーDoyle Brunsonさんがレスをしていて、同じゲームに参加していたらしいのですが、人生の中でもかなり大きい負けを記録したそうです。レートを考えると、$1Mは超えてるいるのかもしれません。
2012WSOPメインイベントチャンプのGreg Mersonさんもレスしています。ブログの中にAriaで行われているハイステークスミックスゲームのことが書いてあります。知らなかったのですが、ラスベガスでは法律によってカジノで「Private Game」が禁止されているそうです。ですので、常連しか入れない実質上の「Private Game」をサポートしているNegreanuさんのブログに納得がいかなかったようです。過去の情報を調べると、Mersonさんが以前Ariaでこのゲームに参加しようとしたところ、Waiting Listに掲載されたにも関わらず意図的にゲームに参加できなかったようです。
ブログの中にも書いてあるのですが、ハイステークス常連プレイヤーは好まないプレイヤーとはあまりプレイしたくないようです。特に、最近のトーナメントでも話題になっている、「長考」するプレイヤーとは対戦したくないようです。

チームポーカースターズプロのLiv Boereeさんが、来日してその様子をツイートしています。
また、Patrik Antoniusさんも来日しているようですね。

週間ポーカーニュース・ナナメ読みについて
定期的に1週間のまとめを編集後記的に「今週のポーカーニュース斜め読み」として連載予定です。
英語から翻訳の記事はなるべく元記事に近い表現にと努力していますが、このコラムではポーカーニュース日本語編集部の主観も入れて、砕けた言い回しもあると思いますが簡単にわかりやすく1週間をお伝えできればと思います。

ポーカーニュース日本語版のツイッター及びフェイスブックでも様々なポーカーニュースを更新しています。
公式フェイスブック
https://www.facebook.com/PokerNewsJapan/
公式ツイッター
https://twitter.com/pokernewsjp

More Stories

関連トーナメント

関連プレイヤー

どう思われますか?