2016年 WSOP 107,833人のエントリーを誘致 いくつかの新記録も達成

2016 World Series of Poker

Sharelines

  • 2016年 WSOP 107,833人のエントリーを誘致 いくつかの新記録も達成

2016年 World Series of Pokerでは昨年の103,512エントリーに比べ4%増しの107,833エントリーを誘致し、新たな記録を刻みました。100,000人以上のエントリーが発生して、それに伴う賞金総額$221,211,336が与えられたのはイベント史上2度目のことでした。

2016年のWSOPで与えられた賞金総額$221,211,336は、$1,000,000 Big One for One Dropの反響が大きかった2012年と2014年に続いてイベント史上3番目に多額の総額となりました。そして12年連続でWSOP全体の賞金総額が$100,000,000を上回り、$200,000,000を上回るのは史上4度目となりました。

イベント全体で集計された107,833エントリーのうち15,767人が入賞者として賞金を獲得しました。ゴールドブレスレットが与えられる公式イベントが69イベント開催されましたが、$555,475が優勝賞金の平均獲得額となりました。

2016年 WSOP Main Eventでは昨年の6,420エントリーを約5%上回る6,737人のプレイヤーが参加しました。そして世界で最も評判が高いポーカートーナメントでは上位1,011人のプレイヤーが入賞賞金を獲得し、優勝賞金が$8,000,000と発表されました。

2016年の参加者平均年齢は41.12歳と昨年の41.04歳と比べやや上りました。そして男性が2016年のWSOP全体で94.87%を占めていて、女性はたったの5.12%となりました。昨年のそれらの数値は94.56%と5.43%でした。

アメリカからの参加者が84,027人で全体の77.92%占めていて最も参加者が多かったグループだったということは誰もが予測できたことでしょう。昨年は82,439人が参加し、全体の79.64%を占めていました。そしてカナダからの参加者が昨年に続いて再び2番目に多かったグループとなりました。

2016年のWSOPは新たな記録をたくさん更新することができました。総エントリー数、総入賞者数、4,240人ものエントリーを総計したDay 1cによるMain Event史上最大のスターティンググループ、そして$565 Pot-Limit Omahaでもhold'em以外のイベント史上で最大の2,483人を誘致することに成功しました。

個人賞に関しては、Jason MercierさんRoland Israelashviliさんに与えられました。Mercierさんは2016年 WSOP Player of the Yearの栄光に輝き、Israelashviliさんは一夏のWSOPで13回の最多入賞を果たして記録を更新したと同時に年間最多入賞の記録にも並ぶことができました。2014年から今までIsmael Bojangさんが単独で年間最多入賞の記録を保持してきましたが、そのうちの4つはWSOP Asia-Pacificでの入賞も含まれています。

2009年 WSOP Main Eventの勝者Joe Cadaさんは$8,546,435の優勝賞金を獲得して、WSOPの獲得賞金において$10,000,000を凌ぐ10番目のプレイヤーとなりました。今年彼は入賞を6回果たして賞金$57,242を獲得しました。今回、彼の最高順位は$5,000 No-Limit Hold'em Turboでの11位入賞で$27,804を獲得しました。

これらは2016年のWSOPから生み出されたほんの僅かな数値と記録にしか過ぎません。その他の詳細につきましては WSOP.com をご覧ください。.

*Photo Credit: Jayne Furman/WSOP, PokerPhotoArchive.com.

ポーカーニュース日本語版のツイッター及びフェイスブックでも様々なポーカーニュースを更新しています。
公式フェイスブック
https://www.facebook.com/PokerNewsJapan/
公式ツイッター
https://twitter.com/pokernewsjp

More Stories

関連トーナメント

関連プレイヤー

どう思われますか?