Crazy Pineapple

クレイジーパイナップルはホールデムの中でもエキサイティングなゲームです。テキサスホールデムとの大きな2つの違いは配られるカードが3枚であることとフロップの後に1枚カードを捨てなければならないことです。

クレイジーパイナップルはホールデムの中でもエキサイティングなゲームです。テキサスホールデムとの大きな2つの違いは配られるカードが3枚であることとフロップの後に1枚カードを捨てなければならないことです。

ルール

クレイジーパイナップルでは、各プレイヤーにポケットカードと呼ばれる3枚のカードを伏せられて配られます。最初のベッティングラウンドの後にディーラーは3枚のコミュニティカード(このカードをフロップと呼びます)をテーブルの中央に表にして開きます。2回目のベッティングラウンドの後にプレイヤーはポケットカードから1枚捨てます。ディーラーはこの後に1枚さらにコミュニティカード(このカードをターンと呼びます)を開きます。3回目のベッティングラウンドの後、最後のコミュニティカード(このカードをリバーと呼びます)を開きます。最後のベッティングラウンドを行い、その後ショウダウンを行います。クレイジーパイナップルでのショウダウンは以下のうちの一つで勝負します。

  • 残したポケットカード2枚と3枚のコミュニティカード
  • 残したポケットカードの内1枚と4枚のコミュニティカード
  • 5枚のコミュニティカード(ボードで勝負する)

ベットストラクチャー

クレイジーパイナップルには4回のベッティングラウンドがあります。初めの2回のベッティングラウンドではベットやレイズはスモールベットの額で行われます。覚えていてほしいのはプレイヤー全員が2回目のベッティングラウンドの後にポケットカードから1枚捨てなければならないことです。後の2回のベッティングラウンドではベットやレイズはビッグベットの額で行われます。

各ベッティングラウンドで許されているベットの数は4回までとなっています。これは(1)ベット、(2)レイズ、(3)リレイズ、(4)キャップからなります。このキャップという用語はベッティングが上限に達し(capped)、これ以上レイズができないためにラウンドの3回目のレイズをこの様に言うようになっています。一度ベッティングがキャップまで行くと、プレイヤーにはコールかフォールドしか選ぶことができません。