Advertise

ルーズなプレーヤーとして印象づけるためにわざと行うブラフ、ルーズに過ぎるプレーヤーとしての印象を与えるためにわざと弱いハンドをショーダウンすること、あるいは弱いプレーヤーだと見せかけることなどの演技。
後のプレイで自分が良いハンドをもっているときに、他のプレーヤーからより多くのアクションをしてもらえるという考えで行う。
最初に受けた印象から考えを変えることの出来る人はそう多くないので、効果が長続きし、その収益も大きくなる。
ホールデムにおける典型的な例は、キッカーの弱いトップペア(例えばK2がハンドにあり、Kがペアになっている場合)、ミドルペア、ガットショットのストレートドローの失敗、などをショーダウンで見せることである。
これらのハンドの価値はほとんどないが、このような手を見せておくことによりセッションの後半でおいしい思いをすることも多い。
出来るだけ多くコールしてもらいたいのであれば非常に効果的である。
但し、多数のコーリングステーションがいるテーブルではアドバタイズする必要はなく、かえって損失となることもあるので注意が必要である。
あなたのプレースタイルや力量に対する他のプレーヤーの考え方をうまくコントロールし、誤った印象を持たせるために行うこと全般を指すこともある。

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ