Apology Card

ローボールにおいて、前のハンドでドローしていれば強いローが出来ていたはずのカードが、次のハンドで配られること。
例えばA-2-3-4持ちの1枚ドローで4を引いたとする。
次のハンドの最初のカードが5だったときに、皆にこのカードをオープンしながら、「やっぱりAplogy Cardだ。来るのが遅いんだよなあ」と言ったりする。

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ