低レートのキャッシュゲーム:5つの効果的な戦略

5 Simple Yet Effective Strategy Tips for Small Stakes Cash Games

Sharelines

  • 低レートのキャッシュゲーム:5つの効果的な戦略

多くの人々がスモールステークスのキャッシュゲームで大きく勝つことに苦労しています。
損も得もしない結果や、ほんの少し勝ったくらいでも大騒ぎします。
しかしほとんどの人々は大きく勝ちたいと思っています。
実際多くの人々にとってはこれこそがプレイする大きな理由なのです。

この目標を達成するためのカギは他のほとんどの人々が知らないか、あるいは実践できていない、小さなエッジを活用する方法を学ぶことです。
本稿ではローステークスのキャッシュゲームであなたの利益率を向上させるための5つのシンプルな戦略について議論します。

1.ブラインドスティール

多くの人々はブラインドスティールをするのに良いアクションをとると思いますが、多くの絶好の機会を逃してもいるのです。
単純な事実としてボタンとカットオフはポーカーテーブルで最も利益の出る席なのです。
この席を活用せずして一体どのように利益を出すというのでしょう?

私の考えではライブ・オンラインを問わず、典型的なパッシブスタイルのローステークスキャッシュゲームにおいて30~40%のハンドで簡単にブラインドスティール出来ます。
たいていの対戦相手は強いハンドがあるときだけスリーベットしてあなたを降ろそうとするのです。
より良い場合には、ポジションのないところからついてきて、フロップやターンでコンティニュエーションベットするたけで降ろすことさえ出来るのです。

肝心な点はスモールステークスキャッシュゲームにおいてあなたの利益を増やすのにブラインドスティールが非常に効果的だということです。
レイズするには疑問の残るようなハンドでも、レイズしてブラインドスティールに挑戦してみてください。

2. ダブルバレル

他にもパッシブスタイルのローステークスキャッシュゲームで効果的な戦略にはフロップでコンティニュエーションベットし、ターンでもう一度ベットするというものがあります。
これは”ダブルバレル”とも呼ばれています。

なぜこの戦略が有効なのかというと、多くの人々がノーリミットのキャッシュゲームにおいてまるでこれがリミットゲームであるかのようにプレイするからです。
フロップではコールするでしょうが、あなたがターンで同じようにベット出来たなら、彼らはあなたが本気だと思い込みポットを明け渡すことでしょう。

この戦略は特に小さなペアやドローであなたを咎められない弱いタイトプレイヤーに対して効果的です。
このようにプレッシャーをかけ続ければ小さなオーバーペアでさえ降りることもあるでしょう。
ターンでコンティニュエーションベットすることでこうしたプレイヤーたちを狙い撃ちにしてください。

3. スリーベットライト

こうした弱いタイトプレイヤーに対する私の最も好きな戦略の一つがフロップ前のスリーベットです。
とくにプレミアムハンドでなくとも — 例えばスーテッドコネクターやスーテッドのAと何か、もしくはスモールペア — 彼らのレイズに対してリレイズするというものです。
私は全てのクズ手でこれを行うということはありませんが、いつだってエクイティを得たいのです。

私はポジションがある時によくスリーベットします。
こうすることでコールするかどうかを迫り、ペースをコントロールできるのです。
またボードで強くヒットしたかのように振る舞ったり、相手が手を強いと確信していないと感じたりしたら、バリューベットをすることも出来ます。

4. リバーでのブラフ

もう一度、とくにオンラインにいる、最近スモールステークスでよく見られる弱いタイトプレイヤーに照準を合わせます。
このカテゴリのプレイヤーの多くは強い手以外をショーダウンしたがらないのです。

あなたがオンラインでプレイしていてHUDを使っているならWTSD%、もしくはショーダウン率のスタットが重要です。
もし対戦相手が20%台やそれ以下であったらこのカテゴリのプレイヤーに違いなく、リバーでブラフを試みます。

毎回行うのではないということだけでなく、リバーブラフを行うまでのあなたのアクションが重要だということを確認してください。
そのハンドであなたがそれまでにとったアクションがそのままあなたのハンドの強さを相手に示すことになるのです。

リバーはよく大きなバリューを作る場所となります。
ベットしたら降りるかもしれない相手に対して簡単にポットをあきらめないでください。
ショーダウンしたら勝てないと思っていても失うものはごくわずかですし、ベットすることで全てを得る可能性もあるのです。

5. ドローでレイズ

あなたのゲームの幅を広げ、弱い対戦相手を打ちのめすための最後の方法はドローハンドでのプレイです。
ここでは(アウツが8枚ある)オープンエンドストレートドローや、(アウツが9枚ある)フラッシュドローのような、広いドローを意味します。

この様な手は常に大きなエクイティがあり、ナッツであるかのようにプレイする事が出来る戦略なのです。
私がこの戦略で好きな点は、フロップで単純にレイズし、ターンで何が落ちようともベットするという点です。
この一連の流れは対戦相手に途方もないプレッシャーを与え、ついていくには確かな強い手を必要とするのです。

改めて、このプレイ、そして本稿で議論した他のすべての戦略では弱いタイトプレイヤーを対象としています。
ローステークスにはいまだに多くのコーリングステーションがいますし、そのようなプレイヤーにブラフをすることは良いアイデアではありません。

最後に

どのリミットでも偉大な勝者とその他多くの人々との違いは、小さなエッジをどれだけ効果的に取るかということに帰着します。
そしてこれが本当に意味するところは、誰も小さなポットを得るために戦うことを望まないということです。

ほとんどのプレイヤーはプリフロップでのポケットエースのプレイ方法やフロップでセットができたときのプレイ方法を知っています。
そして長期的には全てのプレイヤーにこの様なビッグハンドが同じ頻度で配られるのです。

偉大な勝者が他の人よりもすぐれているのは平凡な手やクズ手でもポットをとっているという点です。
彼らは本稿に記載されている戦略の一部にスポットを当ててプレッシャーを与えることで小さな利益を得ていくのです。

ポーカーニュース日本語版のツイッター及びフェイスブックでも様々なポーカーニュースを更新しています。
公式フェイスブック
https://www.facebook.com/PokerNewsJapan/
公式ツイッター
https://twitter.com/pokernewsjp

More Stories

どう思われますか?