HellmuthとArodがニューヨークのポーカークラブに突如出現

HellmuthとArodがニューヨークのポーカークラブに突如出現 0001

ニューヨークがポーカープレイの場として人気を集めている。有名人や一流プレイヤーたちがポーカーアクションを求めてニューヨークに集まってくるのだ。そして最近、二人のビッグスターが大都市でのポーカーを味わおうと、ニューヨークに足を踏み込んだ。

ポーカークラブは、マンハッタンでも、やはり法的に扱いにくい問題であるが、ヤンキースーパースター、Alex Rodriguezと伝説の男・Phil Hellmuthにとってはそんなことは関係なかった。彼らはユニオン・スクウェアポーカークラブに突如として現れたのである。

ニューヨークポスト紙によると、Rodriguezはその日の夕方にBaltimore Oriolesに打ち勝って以来、好調だった。Rodriguezと Hellmuthはチームのアメリカンリーグ東部地区での一位昇格を祝おうと思い、外に繰り出すことを決めた。

クラブの情報源によれば、Alex RodriguezもHellmuthも両方とも、大人気だったという。彼らは快くサインに応じたり、他のプレイヤーと交流したりした。スターの到来で、一般客が友人に電話などをして友人まで訪れたりしたのでクラブはとても騒がしくなった。

Rodriguezと Hellmuthは数千ドル分のチップを購入し、最終的にはHellmuthの好きなノーリミットテキサスホールデムをハイローラールームでプレイした。

両者ともに、ニューヨークのポーカークラブ問題に思い悩むことはなかったように思われる。レーキをかけることや入り口で入場料をとることは禁止されているのだが、クラブで賭けをすること事態は合法である。

5月の初頭、警察により、2つの有名カードルーム―――ユニオンスクウェアのプレイステーションとニューヨーク北西部に位置するニューヨークプレイヤ―ズクラブ―――が検挙されるにいたった。この際、100000ドルが押収され、39人の従業員が違法ギャンブルで罰金をとられた。

ニューヨークポスト紙でとりあげられたため、二人の「歓迎された冒険」はマンハッタンポーカールーム問題に再び火をつけた。しかし、Rodriguezはこの夜のことについて聞かれるとコメントを拒んだ。「私はプライベートに関しては何も答えない。」強打者Rodriguezはこのように答えた。

いずれにせよ、ニューヨークのポーカー事情においてはっきり言えることが一つある。「いつ、どんな有名人がゲームをしに現れるかわからない」ということだ。

More Stories

どう思われますか?