Omaha Hi-Lo

オマハハイローはオマハの中でも人気のルールです。基本的なルールはテキサスホールデムに基づいているオマハホールデムに似ていますが、ゲームを活発かつ面白いものにするいくつかの違いがあります。

オマハハイローはオマハの中でも人気のルールです。基本的なルールはテキサスホールデムに基づいているオマハホールデムに似ていますが、ゲームを活発かつ面白いものにするいくつかの違いがあります。

ハイローゲームではポットが最も強いハイハンドとローハンドを作った人に分けられます。ハイとローで同じカードが使われる場合もあります。

ハイとロー両方とも勝利する場合があります。よくある例としてA-2-3-4-5で作られる「ウィール」と呼ばれる手です。

誰もローハンドを作れていない場合、一番強いハイハンドを作った人がポット全てを獲得します。

ポットを分けるときに、ぴったり分けられず余ったチップが合った場合にはハイハンドを作った人に与えられます。特に断りがなければ、8オアベターでローハンドが適用される以外には基本的なルールでゲームが行われます。この意味はローハンドで勝つためには数字が8以下のカードが含まれていなければなりません。そして、ボードには8以下の数字のカードが3枚必要です。

ローで半分のポットを取るためには、8,7,6,5,4かそれより低い数字の手を持っていなければなりません。そのことからこのゲームは「8オアベター」あるいは単に「オマハ8」と呼ばれます。

オマハハイローのルールのおもしろい所は、ローハンドができているかを考えるときにストレートフラッシュを考えなくて良いところです。またハイハンドとローハンドを作るカードが同じでも別のカードでも問題ありません。スプリットポットでは余ったチップはハイで勝利したプレイヤーに渡されることになっています。いくつかのカジノでは代わりにローの条件が9ローとなっているところもありますが、これはあまり人気ではありません。

オマハハイロー(Omaha High Low)は「Omaha Hi-Lo」、「Omaha hi/lo」「Omaha high/low」「Omaha high-low」と書かれることもあります。