Seven Card Stud

テキサスホールデムによるポーカーブームが始まる前には、セブンカードスタッドがアメリカで最も人気なルールのうちの一つでした。

  • はじめに

    テキサスホールデムによるポーカーブームが始まる前には、セブンカードスタッドがアメリカで最も人気なルールのうちの一つでした。

    このゲームは2人から8人までプレイでき、セブンカードスタッドとテキサスホールデムやオマハとの一番の違いはセブンカードスタッドにはフロップがなく、もっと言えばコミュニティカードそのものがありません。

  • ゲームプレイ

    上の画像を見てください、各プレイヤーは初めの伏せられた2枚のカードと表になった3枚目のカードが配られます。これをサードストリートと呼びます。2枚の伏せたカードは「ホールカード」と呼び表になったカードをは「ドアカード」と呼ばれます。この3枚のカードによってゲームを続けるかどうかの判断をします。他のポーカーと同じように、セブンカードスタッドではスターティングハンド選びが極めて重要です。

    各プレイヤーには3枚が表で4枚が裏になった合計7枚のカードが配られます。この7枚のカードから最も強い5枚の組み合わせを選ばなければなりません。ハンドランキングはテキサスホール無やオマハのものと同じで、ロイヤルフラッシュが最も強く、ハイカード(ノーペア)が最も弱いです。

  • アンティとブリングインとベット

    テキサスホールデムやオマハではカードが配られる前に2人が払うブラインドと全員が置くアンティがあります。一例として、アンティが$1、ブリングインが$5のレートが$10/$20のセブンカードスタッドを考えましょう。

    各プレイヤーはカードが配られる前にポットを作るために$1のアンティを置かなければなりません。ブリングインを誰がするのかを決める前にカードが配られます。セブンカードスタッドでは最も数字の低いカードを持った人が$5のブリングインを置かなくてはなりません、ですがこのプレイヤーには「コンプリート」といって$10(スモールベット)を置く選択肢もあります。ここからベッティングは時計回りに進み、各プレイヤーはコール、レイズ、フォールドを選びます。最初のプレイヤーがブリングインを選択した場合、他のプレイヤーは最初のレイズとして$10へコンプリートする選択肢があります。ベッティングが終わるとフォースストリートと呼ばれる4枚目のカードが配られます。

    セブンカードスタッドはボタンがアクションが始まる場所を示すゲームではありません。セブンカードスタッドではフォースストリートから最も強いカードが見えているプレイヤーからアクションが始まります。

    サードストリートの説明を終わる前に、ハンド選びの話をします。セブンカードスタッドでは良いハンドで参加することが重要です。良いスターティングハンドの例は以下のようなものです。

    セブンカードスタッドは大抵リミットゲームで遊ばれています。前の例で続けると、サードとフォースストリートでのベットのリミットはスモールベット分、例では$10です。フィフス、シックスス、セブンスストリートではリミットは$20に増えます。

    フォースストリートであるプレイヤーのドアカードがペアになった場合、最初にアクションを行うプレイヤーはスモールベットの2倍のビッグベット分の額をベットする選択肢が選べます。もしあるプレイヤーがAをもってゲームを始め、フォースストリートでまた別のAを引いた場合にそのプレイヤーは$10の代わりに$20をベットすることも出来ます。この独特なベッティングルールはセブンカードスタッドハイのみ行われ、ハイローでは行われません。

  • おわりに

    セブンカードスタッドでは、相手のカードが何を持っているかに注意を払うことがとても重要です。
    例として、もしあなたが{K-Clubs}{Q-Diamonds}{J-Hearts}{10-Spades}のストレートドローを持っていたとしても、他のプレイヤーの所にエースが3枚見えていたらデッキには1枚のエースと5枚の9のドローしかないことになります。もしエースを持っていたプレイヤーがフォールドして、あなたがエースに気がつかなければ、正しくないオッズの計算をすることになってしまいます。