Seven Card Stud 8 or Better

セブンカードスタッドハイローとも言われているセブンカードスタッド8オアベターはスプリットポットゲームで、2人から8人の間でプレーされます。普通のセブンカードスタッドと同じように7枚のカードが配られ、その内4枚が伏せられ3枚が表となっています。

セブンカードスタッドハイローとも言われているセブンカードスタッド8オアベターはスプリットポットゲームで、2人から8人の間でプレーされます。普通のセブンカードスタッドと同じように7枚のカードが配られ、その内4枚が伏せられ3枚が表となっています。

目的

配られた7枚のカードを使って5枚の一番強いハイハンドとローハンドを作ることです。一番強いハイハンドを作ったプレイヤーがポットの半分を獲得し、一番強いローハンドを作った人がもう半分のポットを獲得します。もしローハンドを作った人がいなければ、一番強いハイハンドを作ったプレイヤーがすべてのポットを獲得します。

ローハンドの条件は5枚のカードすべてが8以下のカードである事で、Aはもっとも低いカードとして扱います。ローハンドにはペアが出来てはいけませんが、ストレートやフラッシュは許されています。もっとも低いローハンドはA2345で条件を満たしている中で高いローハンドは87654となります。

注:ハイとロー両方で勝利することを「スクープする」と呼びます。

強制ベット

アンティ
セブンカードスタッドは普通、スモールベットの1/5程のアンティがある状態でプレイされます。ゲーム開始時にプレイヤー全員アンティを置かなくてはなりません。アンティは先のベットには数えられません。

ブリングイン
最初の3枚を配った後に、表のカードが最も低いカードのプレイヤーが「ブリングイン」をしなくてはなりません。これはそのプレイヤーがスモールベットの半分をベットしなくてはならないということです。もし2人以上のプレイヤーが同じ低い数字のカードだった場合はディーラーの左から数えて近いプレイヤーがブリングインを行います。このブリングインはベットとして数えられ、もし後のプレイヤーが誰もレイズしなければ、ブリングインしたプレイヤーはそれ以上に支払う必要はありません。

ベッティングラウンド

ベッティングラウンドは5回あります。リミットセブンカードスタッドではすべてのベットやレイズの額は何ラウンド目かによりますが、スモールベットもしくはビッグベッドの額でなければなりません。初めの2ラウンドではベットやレイズはスモールベットの額で行い、後の3ラウンドではビッグベットの額となります。例として、$3-$6のセブンカードスタッドをプレイしているとしたら、初めの2ラウンドは$3ずつ増えていき、後の3ラウンドでは6ドルずつ増えていきます。ベッティングラウンド毎にレイズは3回までとなっています。

  1. サードストリート - 各プレイヤーに2枚のカードが裏、もう1枚が表で配られます。最も低いカードのプレイヤーがスモールベットの半分の額をブリングインしなければなりません。そのプレイヤーはスモールベットそのままの額に上げるかを選ぶこともできます。ゲームは時計回りに進み、各プレイヤーはフォールド、コール、レイズを選びます。ベットやレイズはスモールベットの額で行われます。
  2. フォースストリート - 4枚目のカードが表で配られます。表のカードが最も高いプレイヤー(この時、出来うる一番高いハンドはAのペアです)が最初にアクションを行います。そのプレイヤーがチェックかベットを選びます。もし2人以上のプレイヤーが同じ一番強いハンドだった場合には、ディーラーの左から近いプレイヤーからアクションすることになります。前と同様にゲームは時計回りで行います。もしこの時にペアになっているプレイヤーがいたら、プレイヤーにはスモールベットとビッグベットの額どちらかを選ぶ選択肢があります。そうでなければ、ベットやレイズはスモールベットの額で行われます。
  3. フィフストリート - 5枚目のカードが表で配られます。ベットやレイズがビッグベットの額となる以外は前のラウンドと同じように一番強いハイハンドのプレイヤーからアクションを行います。
  4. シックスストリート - 6枚目のカードが表で配られます。再び前のラウンドと同じように進行します。ベットやレイズの額はビッグベットの額です。
  5. セブンスストリート - 7枚目の最後のカードが伏せられて配られます。前のラウンドと同じようにゲームは進み、ベットやレイズはビッグベットの額となります。 珍しい場合ですが、8人全員がセブンスストリートまでに残っている場合には全員に配るカードが無いという事が起こります。この場合には全員にカードを配る代わりに、テーブルの中央へ1枚のカードを表にして、全員が自由に使えるカードとします。

ショウダウン - 最後のベッティングラウンドの後、残っているプレイヤーにはポットを獲得するためにカードを見せるかどうかを選ぶことができます。最後にベットをしたプレイヤーが最初にカードを見せ、そこから時計回りに残っているプレイヤーがカードを見せるかマックするかを選びます。勝てるカードを持っていないプレイヤーはどんなカードでプレイしたかを敵に見せないためにマックをします。

ヒント - 多くのオンラインポーカールームでは負けているカード他のプレイヤーに見せないためにを自動的にマックするオプションを選ぶことができます。これを選択するのはいい考えです。