Texas Holdem Poker

テキサスホールデムはいろいろあるポーカーの種類の中でも最も人気です。世界中で行われるトーナメントのメインイベントはこのルールで行われます。

  • はじめに

    テキサスホールデムはいろいろあるポーカーの種類の中でも最も人気です。世界中で行われるトーナメントのメインイベントはこのルールで行われます。

    このゲームのシンプルさに騙されてはいけません。起こりうるゲームの局面の数は膨大で高いレベルでプレイする時にはゲームはとても複雑になります。そのため次のような格言があります。「学ぶのは一瞬だが、極めるには一生かかる。」

    初めてゲームをプレイするときには次のようなルールに直面するでしょう。テキサスホールデムでは、初めに各プレイヤーに5枚でベストの役を作るために2枚ずつカードが配られる。ゲームは時計回りに進み、ディーラーボタンの左隣から始まる。大抵、ボタンの左の二人がスモールブラインドとビッグブラインドをベットの始まるときに置く。アクションがプリフロップ、フロップ、ターン、リバーと複数回起きる。このようなものです。

  • ボタン

    ボタンはテーブルでディーラーの役割をするプレイヤーを決定します。テキサスホールデムでは、ボタンのプレイヤーもしくはボタンに近いアクティブなプレイヤーがプレイ中ポストフロップで最後のアクションをとります。

    カジノやオンラインでプレイしているときには誰がディーラーなのかを心配する必要はありません。
    友人たちの間でゲームする時には、皆でカードを配る順番を回し合います。ゲームが終わるごとに、ボタンは一人分、左に動かします。カジノではディーラースタッフがカードを配る働きをし、オンラインでは自動で行われますが、ホームゲームではそれは当てはまりません。ゲームを行っている間にささやかな報酬やビールなどで上手な人にディーラーをやってもらいましょう。

    ディーラーボタンは誰がスモールブラインドとビッグブラインドを置くのか、カードをどこから配るのかを指し示しています。ディーラーボタンの左のプレイヤーがスモールブラインドを置き、最初にカードが配られ、ディーラーは全員に2枚ずつ時計周りに配ります。

  • ブラインド

    新しいゲームが始まるときに2人のプレイヤーが強制的にブラインドというものを置かなくてはなりません。もしこのブラインドがなければ、誰もチップを賭ける必要がないのでゲームがとても退屈なものになります。トーナメントでは一定の時間でブラインドが上がります。トーナメントではプレイヤーの数が減っていき、残っているプレイヤーの持っているチップの量が増えるため、ブラインドを上げていく必要があります。キャッシュゲームではブラインドは常に一定です。

    ボタンの左のプレイヤーがスモールブラインドを置き、そのさらに左のプレイヤーがビッグブラインドを置きます。遊ばれているゲームや場所によりますが一般的にスモールブラインドはビッグブラインドの半分です。

  • ゲームの狙い

    もちろん勝つことです!しかし勝利するためには最も強い組み合わせのカードを持っている必要があります。

    テキサスホールデムではホールカードと呼ばれる2枚のカードが伏せて配られます。プレイヤーはショウダウンと呼ばれる、全てのベッティングラウンドの終わりまでホールカードを他の人に見えないようにします。テキサスホールデムはコミュニティカードのゲームです。コミュニティカードとはプレイヤーが強い5枚の組み合わせを作るために手持ちのホールカードと組み合わせて使われる、テーブルの中央に開かれる5舞のカードのことです。

    コミュニティカードはフロップ、ターン、リバーでそれぞれで開かれます。フロップでは3枚、ターンでもう1枚、リバーでさらに最後の1枚が開かれます。この5枚のカードは全てのプレイヤーから見える状態になっています。5枚全てのカードが開かれるとプレイヤーは自分の7枚のカードから最も強い5枚の組み合わせを作らなければなりません。手持ちの2枚のカードとコミュニティカードの内の3枚、手持ちのどちらか1舞のカードとコミュニティカードの内の4枚、あるいは手持ちのカードを使わずコミュニティカード5枚の組み合わせというのも使えます。最も強い組み合わせのカードを持っているプレイヤーがポットというそれまでにかけられた額の全てを獲得します。

  • 最初のベッティングラウンド

    各プレイヤーにホールカードが配られた後に最初のベッティングラウンドが始まります。ビッグブラインドの左のプレイヤーからアクションが始まり、このプレイヤーには3つの選択肢があります。

    コール:ビッグブラインドに額を合わせる
    レイズ:ルールで決められた範囲でベット額を上げる
    フォールド:ハンドを捨てて降参する

    もしプレイヤーがフォールドを選んだならば、その人にはそのゲームでポットをもらう権利がありません。

    プレイヤーがレイズできる額はプレイされているゲームに依りますが、ほとんどの場合、少なくともビッグブラインドの2倍の額からです。

    リミットホールデム:ビッグブラインドの額のみレイズすることができます。
    ポットリミットホールデム:ポット(それまでに賭けられた合計)の量の額までレイズすることができます。
    ノーリミットホールデム:望めば持っているチップすべてを賭けることが出来、すべてを賭けることを「オールイン」と呼ばれます。

    次のプレイヤーにもコール、レイズ、フォールドと同じ選択肢があり、レイズする場合には前のレイズで上がった額と同じかそれ以上上げなければなりません。例えば、ビッグブラインドが$10のノーリミットホールデムで最初のプレイヤーが$40に上げたとします。すると次のプレイヤーには$40コールするか、フォールドしてゲームから降りるか、前のレイズとビッグブラインドの差額が$30のため$70以上にレイズする3つの選択肢があります。

  • 2回目のベッティングラウンド

    最初のベッティングラウンドの後、3枚のコミュニティカードが開かれたら2回目のベッティングラウンドが始まります。このベッティングラウンドとそれに続くラウンドではボタンの左から見て最初の悪ディブプレイヤーからアクションが始まります。ベット、コール、フォールド、レイズに加えて誰もベットのアクションをしていない場合にはチェックの選択肢があります。チェックとは単にパスの意味で次のプレイヤーに順番を回します。

  • 3回目のベッティングラウンド

    フロップでのベッティングが終わるとターンと呼ばれる4枚目のコミュニティカードが開かれます。一度ラウンドが終わると、それと似た形で次のラウンドが始まります。再びプレイヤーはベット、コール、レイズとチェックの選択肢があります。

  • 最後のベッティングラウンド

    ターンでのベッティングが終わるとリバーと呼ばれる5枚目のコミュニティカードが開かれます。またまたプレイヤーにはベット、コール、レイズ、チェックの選択肢があります。ベッティングが終わると残っているプレイヤーのホールカードを開き、勝者が決定されます。これをショウダウンと呼びます。

  • ショウダウン

    ここまでに残っているプレイヤーのホールカードを開いて、ディーラーのアシスタントとともに勝利しているハンドが決定されます。最も強い組み合わせの5枚のカードを持っているプレイヤーがポットを獲得します。