ボルチモアポーカー手入れの最新情報

  • マイケル・フリードマン(Michael Friedmanマイケル・フリードマン(Michael Friedman
ボルチモアポーカー手入れの最新情報 0001

ボルチモア警察は強いメッセージを違法なポーカートーナメントを催している人々に送った。クラブの共同所有者、警備員、2人のホステス、および多くのディーラーがギャンブル料金を徴収したとき、南部ボルチモアのOwl’s Nest警察の手入れがあった。

警察はクラブの共同所有者のJoesph A Caryを違法なゲームとギャンブルの19の訴因で同じく65歳のGerald Dickensを25の訴因で告発した。

最近のボルチモア・サンの記事によると、「Caryは、自分は何もしていない、私は単なる投資家で、合法的な慈善活動ベースのポーカー開催だと思っていた。また、Caryは、 州法によって、たとえ慈善活動目的のトーナメントであっても賭けポーカーすべてが禁止されていることを知らなかった。」

Caryは自分の容疑と戦う準備をしている。 「もちろん、戦うよ。その為に優秀な弁護士を雇ったのだから。」とCaryは言った。

検察官は、手入れで捕まえられた80人のプレーヤーは告訴を取り下げた初めのころの間違いを避けるため、犯罪を徹底的に研究した。 今回は、警察は州検事に会い今回に容疑についても確認した。

州検事のPatricia C.Jessamyによると、イーストサイド地方裁判所で審議される前に、容疑について協力するために、警察副チームのメンバーは補助州検事Patricia Derosと会った。 Sgt.Craig Gentileが今回の容疑について尋ねられた時に、オフィサーは「ええ、彼らは逃れられないよ」とコメントした。

Caryにとっては都合悪く、国の会計検査官は、最近Caryの他のビジネス(ステ-ツワイド アミューズメントという名前の自動販売機会社)の銀行預金口座を確認し、 彼がほぼ$100万の事業税を未払いであることを確認した。

More Stories

どう思われますか?