Poker ShareはUltimate Betへの訴訟を起こす。

Poker ShareはUltimate Betへの訴訟を起こす。 0001

昨年、PokerShareが好戦的なオンラインポーカーの世界に参入した時に、そこには斬新なコンセプトがあった。 プレーヤーは互いのバンクロールを賭けてバーチャルの世界で戦うだけでなく、会社の利益の分配をうけることができる。 それは、関係している者すべてに有利に働くように思えた。

しかし、それが始まったすぐ後に、崩れて行った。 Excapsaポーカーネットワークのグループで、UltimateBetは大きなポーカールームであった。 訴訟状によると、PokerShareの利益分配プログラムが始まると、ネットワークの想像以上に、多くがPokerShare側に流れていったようであった。この動きに対するExcapsaの対処が迅速であったと言われている。 まずアメリカ人のプレーヤーをサイトで禁止し、それからサポートを取りやめ、2005年の11月にPokerShareを閉鎖した。

ロンドンサンデーエキスプレスによると、UltimateBetとExcapsaがロンドン証券取引所において最大2億ポンドの価値があると考えたとき、PokerShareは1億ポンドでUltimateBetに対して訴訟を起こした。 ExcapsaとUltimateBetの行動 、特に、合意の下に使用したソフトウエアとテクノロジーの使用権利の取り消しが活動中止に追い込まれた一番大きな原因であるとPokerShareは述べている。

関係者のすべてが納得できる動きがない限り、数週間以内に法廷に出ることとなっている。 Excapsaネットワークは、訴訟に高額な費用はかかっても耐えうるであろうが、重大な被害を受けることになるだろう。 それは考慮中であった株式公開が確実に差し控えられ、そして、この件に関する判決はプレイヤーの信頼性に対し何らかの影響力を与えるであろう。

PokerShareは間違いなく、オンラインのポーカーワールドに戻りたいが、それは成功するのであろうか? 利益分配プログラムのコンセプトが人々を引き付けていたが、問題が勃発した今、プレーヤーはそのアイデアに戻るであろうか? オンラインのプレーヤーは、それほどサイトへ愛着を示すわけではなく、すばらしいアイデアでさえ一度の故障で撃ち落とされるのだから。 ドラマがどのように繰り出されるのか、また、さまざまな決断がプレーヤーにどんな影響をもたらすか興味深く見守りたい。

More Stories

どう思われますか?