Binionでビックなポーカートーナメントが再開される。

Binionでビックなポーカートーナメントが再開される。 0001

ポーカーゲームの歴史は、ラスベガスのダウンタウン、特にBinionでつくられてきた。BinionのホースシューカジノはBenny BinionとWSOPのホームとして知られているが、Harrahがワールドシリーズとカジノに権利を買って以来、この両者は、この伝説的な場所には戻らなかった。2005年のWSOPメインイベントの最後の2日間が祝賀行事としておこなわれた以外、Binionは2004年のWSOPの日から主要なポーカートーナメントを開催していない。2006年には、Binionの神聖化されたホールに主要なポーカーイベントが戻ってきそうである。

5月10日から、Binionでアメリカポーカープレーヤー選手権として、高額のポーカートーナメントが再開される。この選手権は、29のいろいろな種目でおこなわれ、5月24日の5,000ドルのメインイベントを頂点として開催される。このイベントのホストは、前世界チャンピオン Tom McEvoyと2個のWSOPブレスレット保持者Susie Isaacsになるであろう。

アメリカポーカープレーヤー選手権には非常に興味深い2、3の特徴がある。注目すべき点は、最近のポーカートーナメントの傾向からの回帰である。それは開催される29のイベントの中でテキサスホールデムがどの程度占めるかにで明らかである。オマハ (ハイとハイ・ローの両方含む)とセブンカードスタッドトーナメントはスケジュール上独立して開催され、それらのイベントはリミットからポットリミット・ノーリミットまである。別の興味深い回帰は、すべてのイベントが最大800人のプレイヤーで締め切られる点である。それは、数千人のポーカートーナメントがより宝くじ的になるのに対し、スキルが必要なトーナメントを作るべきであるという考え方にもとづいている。

Omni MediaはBinionともにAPPCを作り出そうとしている、そしてこれがBinionの新たな偉大なポーカーの伝統の開始であるかもしれない。Cary Davis (Omni Mediaの社長)は、「アメリカポーカープレーヤー選手権は今日のアメリカでのポーカーのすさまじい人気への提言である。そこには、多種多様なトーナメントがあり、各々のイベントに賞金が提供され、メインイベントが参加しやすい5,000ドルの選手権ということから、私達は、この新しいイベントを提供できることを誇りに思い、大成功におわることを予期している。」と述べた。

このトーナメントのサテライトはすでにBinionで始まっており、このイベントのためのすばらしい一分野を構成している。このトーナメントのストラクチャーをみると、各々のイベントで熟練したプレイヤーに大きな機会を与えるだろう、また、メインイベントは、各レベルを2時間に設定することで、他の多くのトーナメントと対抗しようとしている。アメリカポーカープレーヤー選手権についての詳細や、トーナメントのためにBinionでの宿泊施設、イベントのスケジュールなどは、americanpokerplayerchampionship.comのウェブサイトを参照してほしい。

More Stories

どう思われますか?