サウスカロライナのポーカー捜査は要注意

サウスカロライナのポーカー捜査は要注意 0001

ポーカーは、世界のカジノや、インターネット上で成長し続けます。アメリカ合衆国で法の執行によって攻撃され続ける一つの場所は、ホームゲームとして知られている友人の小さな集まりです。サウスカロライナの警察による最近の急襲は、法社会がポーカー・ゲームの根絶を目指している期間の長さのみでなく、また、これらのプレーヤーが孤立する必要はないことを示しています。

4月12日のマウントプレザント(SC)で、州法は個人の家での22人のプレーヤーでのホーム・ゲームに対して執行されました。 彼らはゲームに関与していたものに召喚状を出しました。しかし、より嘆かわしいのはゲームの参加者から6,000ドル以上押収されたことです。 マウントプレザントの警察の行動は、ポーカー・プレーヤーの単純な集まりより、むしろ麻薬組織の設立を捜査していたかのようです。

発表されたレポートによると、警察は銃を携え、スキーマスクで顔を隠し家に突入しました。 彼らは家中捜査し、彼らの急襲を成功させましたが、彼らの出現にもかかわらず実は参加者にかなり親切でした。 プレーヤーは、警察が関与するようなものではないゲーム参加費20ドルの小さなトーナメントであると主張しましたが、州法は異なっていました。 彼らは、このゲームを、インターネット上に広告して、サウスカロライナ地域中から人々を勧誘した、掛け金の大きなカジノスタイルのポーカーパーラーと位置付けしました。

その急襲は、ポーカー・プレイヤー・協会の注意もひきました。 ワシントンでオンラインポーカーに関する現在の法律制定で最近活発に活動している協会は、ゲームへの急襲の動きをとらえて、関係したプレイヤーのために、彼らのかなりの圧力を行使しました。 協会の代表者であるマイケル・ボルセレク(Michael Bolcerek)が送った電子メールで、彼はすばやく協会がなぜこの状況に関与するのかを指摘した。 「協会はポーカー・ゲームを促進し、保護し、またたとえどこでプレイしても全てのポーカープレイヤーの権利を擁護するために設立されました」と電子メールで述べています。 「我々はこの急襲において逮捕された個人を助けるために活発に活動しています。 そして、無料奉仕を前提とし、サウスカロライナで活動できるライセンスを持った法律顧問を捜しています。もしあなたが弁護士であったり、サービスを提供する気がある弁護士を知っているならば、直接ご連絡ください。」

この急襲で特にあきれることは、警察がちょうどプレイ中であった金額を押収しなかった要因です。 プレイヤーはトーナメントのために250ドルがテーブルにおいてあったと供述しました。 しかし、警察は入って来て他のお金を押収しました。地方警察は、たとえどんなお金をプレイヤーが財布に持っていても押収し、また使われた家を捜索しました。 この捜索では、家の他の部屋のドレッサーのような不明瞭な場所にあったものや、明確にポーカー・ゲームに関係しないお金も没収しました。

さらに地元の市長の声明は、同様に気持ちを苛立たせるものでした。 マウントプレザント市長ハリーホールマン・ジュニア.は、ポーカー・ゲーム活動を粉砕した警察の行動を支持するとの声明を出しました。 「私は国家的に認められた警察力を誇りに思い、彼らが犯罪者に送っている明確なメッセージに満足しています」とホールマンは語ります。「我々は、私たちの町でこの種の活動を大目に見ません」と。 おそらくこの権力の誇示は、個人の住居の単純なポーカーゲームより、本当に犯罪的な行動に対して、よりよく使われるべきものでしょう。

ポーカー・プレイヤー協会のこの努力によって、サウスカロライナのポーカー愛好家の救済となり、彼らが急襲による彼らの損害を取り戻すことが出来るようになってほしい。 今日のアメリカ合衆国での犯罪のレベルを考えると、法の執行の貴重な資源をそのような小さな集会に浪費することは、むしろ愚かなことです。 我々は、近い将来この状況に何が起きるかを注目し、進行中の状況に何か新しいことが起こるかをきっと報告します。

エド・ノート:マッキントッシュを持っていますか? あなたは、ポーカールーム・ドットコムで何時でもプレイできます。

More Stories

どう思われますか?