世界ポーカー会議(WPC)、ポーカーを両(ライブ:オンライン)サイドから観察

世界ポーカー会議(WPC)、ポーカーを両(ライブ:オンライン)サイ... 0001

6月26日と27日に、スウェーデンのストックホルムでWPCが開かれ、ユニークなイベントを催す予定だ。ポーカーのライブ又は、オンラインのどちらかのみを見るというのではなく、この会議では同時に両方のテーマをカバーしようという試みが行われる。

疑うまでもなく2つのサイドには直接の関係がある。 過去3年間のポーカートーナメントシリーズの激増ぶりを見れば、オンラインゲームが実際のポーカー・プレーヤーを増やし続けていることがわかるだろう。そういう点からWPCはこの両者が一緒に分析される時期がきたと考えている。WPCの出席者は、チャンスを生かす方法や、個々に利益をもたらす相手との関係を進展させる方法を、他方のサイドからも学ぶ機会を得られるだろう。

この会議は2つのサイドに分かれている。「ライブ」側に集中したい人には、セミナーとして「ベースを作る:ポーカールームのマーケティング」、「ポーカーマネージメントシステム:最新情報」、「ヨーロッパ事情:法律と経済」、「ビッグイベントの計画:テレビトーナメント」の他、多数のイベントが設けられる。「オンライン」の世界により興味のある人のために会議で取り上げられるテーマは、「ヨーロッパの法律事情:ヨーロッパは次のオンラインポーカーブームを巻き起こせるか?」、「プレーヤーのベースを作る:獲得と維持の戦略」、「合併と獲得:売り手か、買い手か?」、「ブランドの立ち上げ:I-Poker プロバイダーのプロモーションとブランド化のチャンス」等である。

ポーカービジネス界のトップに名を連ねる大勢が会議中に講演をする予定だが、おそらくこの2日間の会議のハイライトは、今日の2大ポーカーツアーのリーダーのスピーチであろう。WPT創設者で最高責任者のSteven Lipscomb氏、そしてWSP CommissionerのJeffrey Pollack氏が、共に会議中に基調演説をする予定である。他の主要な講演者には、Sportingbet PLCのMark Blandford氏、Mishcon de Reya SolicitorsのSusan Breen氏、AmeranthのPaul Burchard氏、Tribeca Tables Europe, Ltd.のSteve Cook氏、the Aviation Club du ParisのBruno Fitoussi氏、the Gutshot Poker ClubのDerek Kelly氏、Casino Cosmopol StockholmのTiina Korpela氏、Boss MediaのEric Matsgard氏、PokerZoneのJim Sibcy氏、Grand Casino HelsinkiのMartti Sillanmaki氏、Sports TV Production InternationalのOthmar Valzacchi氏が含まれ、さらに多数の人がポーカーの現状についての意見を交換するためにストックホルムに集まるだろう。

「WPCは本当に他に類を見ないイベントです。」と語るのはthe River City GroupのSue Schneider氏で、Global Gaming BusinessやPokerBIZ誌とともに会議をプロデュースしている。「あらゆる種類のポーカーについて話すために人々を集める事ができる場所が他にあるでしょうか?」6月末のこの会議はきっと非常に中身の濃いものになるだろう。またオンライン・ポーカーとライブ・ポーカーの両方の未来を象徴するものとなるかも知れない。会議に関する詳しい情報については、WPCのウェブサイト(worldpokercongress.com)をご覧下さい。

編集追記:Macをお持ちですか?それならPokerroom.comでいつでも好きなときにオンラインでプレイできます。

More Stories

どう思われますか?