Green Valley Ranchポーカールーム レビュー

Green Valley Ranchポーカールーム レビュー 0001

今年の8月5日、新しいポーカールームがアメリカ、ネバダ州Green Valley Ranch(以下、GVR)にオープンした。GVRは10のカジノから組織されるグループのひとつで、グループ間で集まるバッドビートジャックポットは先週、$285,000(約3,000万円強)を超えた。

GVRで驚いたことは、まだオープンして間もないカジノのディーラー達がプレイヤーの名前を覚え、名前を呼んで挨拶をしていたことだ。後で判明したことだが、GVRとグループのカジノ、Red Rockがオープンして、Sunset Stationのポーカールームは客足が減り閉鎖されたようで、Sunset StationのディーラーがGVRとRed Rockに異動となった。なるほど、グループ間で長く働くディーラーがプレイヤーの顔と名前が一致するわけだ。

GVRマネージャーのFrank Meoni氏は、ポーカーはカジノに欠くことのできないゲームだと話す。ポーカー目当てで足を運ぶお客が、スロットや他のテーブルゲーム、ビンゴそしてレストラン売上げにもつながるからだ。

GVRのポーカールームには22のテーブルが用意されている。壁は木目調で、リラックスしてプレイできる。テーブルにはカードリーダーが搭載され、チェックインの手続きは全てそこでできる。ゲームはテキサスホールデムのノーリミット、$1/$2、$2/$5とリミット$2/$4、$4/$8に分かれていた。週末にはこれ以上のステークスとオマハもプレイできる。プレイヤーは地元の熟年層と若年層といろいろな人が混ざっていた。

スタッフはとても親切で、サービスが良質だ。今まで5回訪問したが、どこのポーカールームでも一人はいる悪態をついたプレイヤーなどを見かけることがない。

他のグループカジノでシェアする大きなバッドビートジャックポットやフリーロールトーナメントもある。フリーロールへの参加資格は、過去3ヶ月間にグループ内カジノで合計75時間をプレイした人に与えられる。エントリー数は3000人にも及ぶらしい。

私の感想では、GVRはとてもプレイしやすいポーカールームだった。大抵は低額のリミットゲームとノーリミットゲームが開催されている。ジャックポットやフリーロールなどプレイヤーを飽きさせない工夫も素晴らしい。唯一難点を挙げるとすれば、隣接するレストランから食べ物の匂いが漂いすぎていて、空気清浄があまりされないことだろうか。

More Stories

どう思われますか?