さようならPamela Anderson、こんにちはCindy Margolis

さようならPamela Anderson、こんにちはCindy Margolis 0001

オンラインギャンブル禁止法に関連してまた一つ報道があった。元Baywatchスター、パメラ・アンダーソンの有利な方向のようである。どうやらAndersonはPamela Poker、オンラインポーカールームのアフィリエイトDoyle Brunson Networkとの提携を打ち切った。"この国の異常なほどまでの規制の数"と高まる法の"赤いテープ"に言及し、Andersonはオンラインダイアリーに"続いている間は楽しかった"と書き残した。また、DoyleとDoyleのポーカールームの成功を祈り、次のように加えた"彼が大好きだったわ。ゲームに対して真正だったもの。

2004年Empire Pokerでの投票で、Andersonはオンラインポーカープレーヤーが最も一緒のテーブルでプレーしたいセレブリティに選ばれた。2006年4月、Pamela AndersonがDoyle Roomで人気の毎週行われるBounty Tournamentにレギュラー出演者となり、オンラインプレーヤーたちの夢が叶った。

アンダーソンのDoyle Brunson Poker Networkとの提携はこのようにして深まった。Miami HeatとDallas Mavericks間のGame Four of the NBA Championship中にデビューしたDoyle's Roomの広告塔になることを承諾、2006年のWSOP中のステージでAndersonとBrunsonの偽結婚式上でPamela Pokerの発表をした。

モデルでインターネット現象のCindy Margolisの新しいオンラインポーカー提携の発表のちょうど一週間後に、Pamela Andersonがオンラインポーカーに別れを告げたというニュースが流れた。Margolisと彼女のエージェントPoker RoyaltyはTropical Pokerと共に新種のメジャープレーヤー演出の取引の方針を確認した。Cindyの新しい挑戦のタイミングはMargolisが表紙を飾るプレイボーイの発売と重なったのは偶然だった。

More Stories

どう思われますか?