Mansion Pokerイエローカード採用

Mansion Pokerイエローカード採用 0001

ポーカーの世界が成長を続き、人々もその人気を評価している。その中でも、最近開催されたMansion Pokerのトーナメントでも分かるように、特にロシアでの成長は著しい。関係者・参加者に受け入れられただけでなく、ポーカーの世界にいくつか新しい要素をもたらした。

モスクワのKoronaカジノで10月に開かれたMansion.comロシアポーカーチャンピオンシップで、130人が参加、勝者はVladimir Polishuk。Mansionのスポンサーシップは他のトーナメントと変わらないが、Mansionがこのイベントにかけた時間は興味深い。トーナメントスタッフをトレーニングし、質の高いグループと化し、すばらしいトーナメントを披露した。Keith 'Bendigo' Sloan(Speed Pokerの開発者)が指揮を執り、チームはオンラインポーカールームとしては初めてトーナメントの運営を全て担当した。これは実際にオンラインポーカーサイトが初めてライブトーナメントを主催したことになった。

記者が知る限りでは、もう一つ初めてのことがある。共同主催者が両者とも女性だったのだ。モスクワ在住のIrina FomkinaとNatalya Kravtsovaがロシアポーカーツアーの間、運営を担当し、プロの熱意を持って義務を果たした。この20代女性二人はカジノ業界で素人であったわけではなく、業界に関連した様々な経験が8年あった。トーナメント開催時にはルール等を詳しく説明し参加者の敬意を得た。更にポーカーへの熱意とトーナメントの成功を強く願っていることを示した。

最後に、革新的なペナルティーが紹介されたのだが、実に興味深いものだった。口頭で注意を促す(この方法は時に忘れられたり無視されたりする)代わりに、Mansion Pokerチームはサッカーのペナルティーシステムのように、2枚のカードを使ったのだ。イエローカード・レッドカードを用いて、それぞれ、警告・ルール違反として20分間のペナルティーを課した。レポートによると、人気の高いロシアのプレーヤーValery Ilikan(Koronaカジノで11日間に渡り開催されたイベントで二度もトーナメントを制した人物)が、唯一レッドカードを受けたのだが、20分間のペナルティーを静かに受け入れた。

More Stories

どう思われますか?