主要国のオンラインポーカーなどに関する議論

主要国のオンラインポーカーなどに関する議論 0001

"アメリカがこうすれば、世界もこう行く。"それ自体は真実ではなくなってきているのだが、この数週間の報告によると米のオンライギャンブル禁止法[UIGEA]に影響された主要国がこの問題を取り上げているようだ。ドイツ、南アフリカ、スペイン、イタリアはオンラインポーカーの規制を強め、特にドイツは米に似たスタイルでインターネットギャンブルを禁止する方法を探っている。一方、他の国々は法的収入を管理し発生させる方向でオンラインポーカーなどに関する議論を始めた。

ドイツ連邦国会議員は先週、Saxony、Hesse、Barariaなど3つの州ですでに取り入れられている禁止法を全国に適応すべく議論した。他国同様、あからさまな保護主義がベースになっている。こういった国は政府出資のクジを運営し、その他のギャンブル関連のチャレンジから生まれる収入を遮断する傾向がある。

しかし、これはEU加盟国に同意を受けた自由貿易条項に反する。そしてオンラインポーカーが合法とされ管理されている国々にはこれらの議案に反対するしっかりとした根拠はある。巨大なオンラインポーカー数社はイギリスで法人化されていて、他のEU加盟国、オーストリアやスウェーデンなどもオンラインポーカー事業のベースとなっている。

昨日、EU加盟国スペインもイタリアに続きオンラインギャンブルに関する制限を設けるというニュースが流れた。最近イタリアが取り締まるよりも禁止しようと態度を変えたことで、イタリアのライセンスで経営をしているLadbrokesやWilliam Hillなどイタリアの経済に影響を与えた。スペインの発表によるとオンラインを含むゲームに5年間のライセンスを与え制限や再生を義務化するようである。大規模のヨーロッパオンラインポーカー事業のほとんどが法的なスペインライセンスを申請することが求められる。

EU加盟国ではない南アフリカもまたオンラインギャンブルを認証する法を考慮に入れている。この議案のビジョンは南アフリカ議会により承認を受けたばかり。そしてオンライン企業とオンラインギャンブラー両方にライセンスを与える条項も入っており、税金と規制均衡の両面が含まれることを保証するようになっている。南アフリカは2004年の議案でオンラインギャンブルを禁止していた。施行と規制の再検討までのタイムラグはあるものの最近の議案が大きくなっている。

世界中の国が近い将来インターネットギャンブルについての問題を扱わざるを得なくなり、米がマーケットでの力の面でジャイアントでい続ける一方で、EU加盟諸国がポーカーの最終的な運命に大きく影響を与えることだろう。すでにヨーロッパ委員会、EUの法組織は上で述べたドイツでの立法で出された議案やフランスで最近2名の逮捕者を出したオーストリアのギャンブル企業BWin件について調査している。Bwinの逮捕はEU貿易条項に直面していると考える者は多い。

議案はオンラインギャンブルの増加の前に制定されたとはいっても、EUの規定では国主体の独占や貿易の取り締まりは禁止されている。そういう意味ではオンラインギャンブルコントロールしようとする動きはEU貿易協定そのもののまさに構造を脅かしかねない。

More Stories

どう思われますか?