PartyGamingとWPTが複数年スポンサー契約

PartyGamingとWPTが複数年スポンサー契約 0001

   アメリカ外で事業拡大を狙う二つの企業が協力することになった。WPTエンタープライズがPary Gaming Plcと複数年スポンサー契約にサインした。

今後、世界中で放送されるWPTエンタープライズの番組中に"PartyPoker.com"を目にすることになるということだ。契約書にはWorld Poker Tourのシーズン4・5・6とProfessional Poker Tour(TM)のシリーズ1・2・3が含まれた。財政面での詳細は規定されなかったが、契約の全体的な価値はどれだけのマーケットが番組を視聴するのか、どれだけのエピソードが放送されるのかなど、番組内での露出度によるだろう。WPTエンタープライズプロデュースの番組は現時点で150以上のマーケット・放送システムで放映されている。

契約書で明白にされたシリーズの一部はすでに編集済みなのだが、計画中の"番組中の露出"はコンピュータ編集の形をとることで、これらのエピソードはPartyPoker.comロゴが映像の角などへはめ込むため再編集されることになる。こういった視覚広告はマーケティングで広がりを見せている方法で、主ににスポーツイベントのテレビ放映中に見られる電光掲示板や野球場の外野フェンスの広告などがある。

契約自体において、両者が求めるのは、国際的マーケット露出度を高めながら互いに協力し、インターナショナルなマーケティング手腕の併用を通して利益を得ることである。PartyGamingはまた、WPTイベントのオンラインサテライト開催を計画、オンラインティーチング・WPTプレイから得たハンドやシチュエーションからなる参照ツールをもって、WPTアカデミーの促進においても協力することになる。

More Stories

どう思われますか?