ポーカールームレビュー:The Plaza、ラスベガス

ポーカールームレビュー:The Plaza、ラスベガス 0001

The Plaza Hotel & Casinoのポーカールームにはいいニュースを悪いニュースがある。後にも先にも、そのロケーション。ポーカールームはカジノの奥にある。9台のポーカーテーブルと6台のパンテーブルが配置され、広々としている。風通しが良く、照明も明るく、スモーカーからの距離も取ってある。残念ながら、Plazaはラズベガスのダウンタウンにありながら、中心地ではないのだ。ダウンタウンのFremontストリートの階段あたりに行くと、ついついBinion'sやGolden Naggetに目が行ってしまう。Fremontストリートの東端にあるのがthe Plaza Hotel&Casinoで、とても良いポーカールームがある。

The Plazaは、ポーカールームのあるカジノとして常に経営状態が良いのだが、最近、ダウンタウンで、少なくとも、ここthe Plazaでのポーカー離れが目につく。10年近く続いていた深夜のトーナメントが有名だったのだが、最近、スケジュールから外され、午前中のトーナメントも同様。これらの変更はつい最近のことなので、the Plazaのウエブページにはまだ掲載されているのだが、ミッドナイトマッドネスやラッキーセブントーナメントはもうない。the Plazaは転換期を迎えたようだ。

現在は、毎日終日シングルテーブルのシット&ゴーサテライトが開催されている。$40バイインのトーナメントで優勝賞金は$240、2位は$90。そう、仲間同士で行ってプレーが出来る。実際、シングルテーブルでもキャッシュテーブルでも仲間内でプレー出来る。そんな風景を何度か見かけたことがある。あるグループの1人は、その前の週末中ずっとそうして遊んでいたと教えてくれた。ラスベガスに来てまでどうしてこんなホームゲームみたいなことを?と思うかもしれない。答えは簡単、それぞれ離れて暮らす友人同士で、こうして1年に1度、ラスベガスに集まるとのことだった。シカゴ出身のJeffはこう付け加えた:「プロのディーラーがいて、飲み物もただ、夕飯もただなんだから。」

少々悲しいニュースと言えば、現在、the Plazaは毎日午前2時にポーカールームを閉めてしまうことである。単純に十分な利益が出ないことからの決断だったようだ。「ダウンタウンルネサンス」と宣伝されているのだが・・・

the Plazaのキャッシュゲームは$2/$4ホールデム、スプレッド$3/$6と$4/$8、ノーリミットの$1/$2。また、プレー時間25時間に及ぶフリーロールは2週間に1度開催、全員にバウンティもある。以前足を運んだ時は、全員が知り合いのようだった。

最後にthe Plazaの面白さをもう1つ挙げておこう。ここではパンギング(パン)ができる。パンとはラミータイプのゲームで、通常の52枚のデッキを8つ、8・9・10とスペードの1つが抜かれ、合計310枚のカードでプレーされる。パンを試したかったら、the Plazaへ。ラスベガスでパンをプレーできるポーカールームは数少ない。しかし、プレーしているのは観光客ではないのでご注意を。私自身もここthe Plazaでパンを覚えたのだが、ディーラーとゲーム待ちの2人から教わった。くれぐれも覚える前にキャッシュを使わないように!

Plaza Hotel & Casino

1 Main Street

Las Vegas, NV 89101

More Stories

どう思われますか?