米国会議員Frank氏が対UIGEA法案公表

米国会議員Frank氏が対UIGEA法案公表 0001

「今まで見てきた法律の中で最もバカバカしいものだ」とUIGEA(インターネットギャンブル禁止法)を批判した米国会議員Barney Frank氏は、先日UIGEAを破棄するための法律を公表した。

国会議員Frank氏の新しい法案は、いくつかの規約を設けることによりUIGEAの破棄を試みる。これは、正当に許可されているギャンブル企業とアメリカ銀行機関の取引を可能にする為である。この基準に満たす為に必要な事がいくつかある。行っている事業が公平だということを証明できる書類、最新技術のソフトウェアーシステム、年齢確認システム、問題を起こすギャンブラーを阻止するプログラム、プライバシーとセキュリティーの安全装置、所得税の報告、そして技術面に関する事柄などだ。

勢力のある財務サービス議院の議長フランク氏は、銀行業や財務サービスの分野に関する規制を全て支配している。つまり、彼の法案は「オンラインポーカーやギャンブルを支持しない銀行を除去する」と言えるだろう。

26ページに及ぶFrank氏の法案は「2007年、インターネットギャンブル規定、施行法」と名付けられたが、現在の時点では、国会議員の支持を十分得る事がまだできていない。最近よく見られる、不正なお金の取引に関する問題を適切に対処するため、この法案では、インターネットギャンブルプログラムの免許化を試みている。

この免許を取得するには3つの必須条件がある。適した政党に提出する為の団体財務報告書、業務など団体組織の詳細が記された書類、そして犯罪を犯した場合、アメリカの法律で裁かれることを認めることだ。また、この法律は銀行業の組織と職員が行うお金の取引が、正当に規制され、信頼できるものであることも保証する。

この提案された法律のもとで、ギャンブルの免許は1年単位で発行される。また免許所有者は、アメリカのテロ対策を支持することを期待される。この免許や規制の作業は、財務犯罪ネットワーク理事長の支配下にあり、最終的に報告書は財務省長官に提出される。

インディアンカジノやプロのスポーツリーグには、許可の通った賭け事に参加する選択肢がある。参加すれば不当利益者を取り除くことができるが、参加しないとなると負担や責任は彼ら自身で負わなければならなくなるだろう。

More Stories

どう思われますか?