UKポーカーニュースレビュー:ポーカー・マインドセット:ポーカーで成功するために不可欠な心構え

 0001

Hilgerはポーカー関連の著者として定着しており、Aussie Millionsではファイナルテーブルまで進み2007年を好調にスタートした。Taylorはワールドポーカーツアーマガジンの同僚で、もっとも革新的な新人ライターの一人だと私は思っている。

彼からの初めての共同作品である「ポーカー・マインドセット:ポーカーで成功するために不可欠な心構え」は、今まで書かれたポーカー関連本の中で最も重要な著作になろうとはしていない。彼らはそういった賞賛はプレイヤーにハンドの選び方、ポジション,賭け方などを教える類の本に取っておこうというのだ。HilgerとTaylorはこの本は読者の中で2番目に重要な本だろうと提案する。カード、チップス、個々のハンドはこの本の中にはあまり出てこないし、実のところポーカーにおける規律のどれにも十分に触れていない。「ポーカー・マインドセット」は、"~ハンド、~という状況で作る方法"などのかわりにポーカープレイヤーとして成功するための態度に重点を置いているのだ。

「ポーカー・マインドセット」で中心となっている概念は、「規律」と「うぬぼれ」だ。形勢が悪くなっている時、うぬぼれに自分の行動が支配されてしまっている時、またそれが自分の資金に悪影響を及ぼしている時、どうやって事態に気付くことができるか。おそらくこの本が教えてくれる最も重要なことは、ひとつのハンドや負けにくよくよするよりもお金に鈍感になること、手持ちのお金を慎重に管理すること、ポーカーを長い目で見て判断することである。本にはさらに調子の上がり下がりへの対処法や相手の動機を理解すること、ポーカーテーブルを離れた生活についても書かれた部分がある。


この本は役に立つだろうと思っていたし、実際本当に有益だ。ただひとつ、私がMatthew HilgerとIan Taylorに反対するのは、この本がプレイヤーにとって2番目に読むべき本であるという前書きだ。これは多くの本を読み、成功し、ポーカーについてならなんでも知っていると思っているどんなポーカープレイヤーにとって最も重要な著書であると私は思う。あなたが読むであろうことの多くはすでに知っていることかもしれないが、今まで書かれたことがなかったものだ。そしてより多くのことがまったく新しく革新的である。あなたはこの本を2回以上は読むことになるだろう。

More Stories

どう思われますか?